• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

中医学🐼

夏は「脾胃」のケアも大事

こんにちは。 夏バテ予防には「脾胃」を元気に保つことも大切です。 中医学には「脾は後天の本」という言葉があります。「脾」とは「胃」とともに食べ物の消化吸収運搬を担う臓器のことで、胃腸機能は後天的な生命 ...

続きを読む

夏の養生、「心」の養生

こんにちは。 五行学説で夏に当たる臓器は「心」。 厳しい暑さで汗をたくさんかくと、体内の「水分」や「気(エネルギー)」を消耗してしまいます。すると、「心」のエネルギーも足りなくなって、動悸や息切れ、疲 ...

続きを読む

夏(6月~8月)に多くなる・・・

こんにちは。 脳や心臓の血管が詰まって起こる「脳梗塞」や「心筋梗塞」は、梅雨時から夏にかけての暑い時期にたくさん汗をかくと血液中の水分が少なくなり、粘り気のあるドロドロした状態になって血栓ができやすく ...

続きを読む

胃腸のトラブル

こんにちは。 「後天の本」と呼ばれる「脾胃(消化器系)」は、飲食物を消化吸収して「気」や「血」を生む大切な臓器と考えています。 飲食物は、まず口から体の中に入り、続いて「胃」に入ります。 「胃」の飲食 ...

続きを読む

蒸し暑さが続く夏は、胃腸のパワーが落ちやすい季節

こんにちは。 蒸し暑さが続く夏は、胃腸のパワーが落ちやすい季節。普段は胃腸の不調を感じにくい人も、この時期は気を付けてください。 「後天の本」とも呼ばれる「脾胃(消化器系)」は、「気」や「血」を生む大 ...

続きを読む

その不調は湿気のせいかもしれません

こんにちは。 毎年のジメジメがまたやって来ました。 湿度が高くなると、体のダルさを感じたり、食欲が落ちたり、何かスッキリしないことが多くなりませんか? 中医学では、湿気による体調不良を「湿邪」と捉えて ...

続きを読む

炎暑(🔥)は気を食らう

こんにちは。 中医学では、天気の変化はすぐに内臓に影響を与え、外部の自然環境と体内の内部環境が密接に繋がっていることを強調しています。 これからくるカンカン照りに焼け付くような暑さ(炎暑)。もちろん、 ...

続きを読む

6月4日は「虫の日」

こんにちは。 今日、6月4日は「虫の日」だそうですね。 漫画家の手塚治虫らによって設立された「日本昆虫クラブ」が「虫の住める街づくり」を目指して提唱し、制定された記念日だそうで、「6(む)4(し)」の ...

続きを読む

冷たい物が欲しくなりますが…

こんにちは。 このところジワジワと暑くなってきています。こう暑いと、冷たい食べ物や飲み物が欲しくなります。 でも、なるべく冷たい食べ物や飲み物の摂り過ぎには注意しましょう。 ご存じの通り、冷たい物は胃 ...

続きを読む

胃腸の機能に影響する「外因」「内因」「飲食物」

こんにちは。 健康の基本は「食」と「胃腸」から。 中医学では、体の働きを「肝」「心」「脾」「肺」「腎」の五臓を中心として考え、胃腸など消化に関わる働きは「脾」に当たります。 食べ物などから生命力を補充 ...

続きを読む