• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

皮膚病😶

皮膚トラブルも中から

こんにちは。 この時期になると、気付いたら蚊に刺されたりして油断できません。 それでも刺された場所はムヒなどの虫刺されを塗っておけば、放っておいても治ります。 しかし先日、治らないでずっと赤く、ずっと ...

続きを読む

漢方の薬液で水虫対策

こんにちは。 水虫は「白癬菌」という「カビ」が原因で、その「カビ」が皮膚表面の角質層に寄生して病変を起こします。足、手、爪、体、陰部など、感染場所によって種類が分けられられます。日本では1200万人が ...

続きを読む

ジメジメと蒸し暑い梅雨から夏にかけては、水虫がつらい季節

こんにちは。 ジメジメと蒸し暑い梅雨から夏にかけては、水虫がつらい季節です。 代表的な真菌症の1つである水虫は、「白癬菌(はくせんきん)」と呼ばれるカビが皮膚に寄生して起こる病気…。カビは湿気が多く温 ...

続きを読む

アトピー性皮膚炎と五臓

こんにちは。 「五臓六腑」とは、もともと東洋医学の言葉で、体内にある臓器のこと。 気・血・津液(水)が体内を巡るエネルギーとしたら、「五臓六腑」は気・血・津液(水)をつくったり、運んだり、貯蔵したりす ...

続きを読む

春の皮膚トラブル

こんにちは。 春は、痒みや赤みといった皮膚のトラブルがあらわれやすい季節。アトピー性皮膚炎の症状なども悪化しやすくなります。 これは、冬から春にかけての季節の影響によるもの。冬は空気の乾燥や暖房などの ...

続きを読む

皮膚病の日常生活でのポイント

こんにちは。 自分の肌を観察し、すぐに対応することが皮膚病の治療にとってとても大事なこと。潤いがあるか、ツヤがあるか、なめらかさはどうか、張はあるか、弾力、血色はどうか…など。「治療50%、患者50% ...

続きを読む

肌荒れを防ぐ保湿ケアが大切

こんにちは。 皮膚はその「バリア機能」と「水分保持能」で、体の恒常性を保っていて、その潤いは、表皮の一番上にある「角質層」の状態と関係しています。 「角質層」は保湿物質が水分を保持するとともに、外部か ...

続きを読む

病邪の性質を見て…

こんにちは。 中医皮膚病では、病名から中成薬(中国漢方)を選択するのではなく、病邪の性質を見て選択します。 病邪のタイプと皮膚症状 タイプと皮膚症状の特徴として、 湿熱:水疱、びらん、滲出性紅斑、滲出 ...

続きを読む

「常在菌」と上手に付き合う

こんにちは。 ボクたちの体中には菌がいます。 母親の胎内にいる時は無菌ですが、「オギャー!」って生まれた瞬間から常在菌の定着が始まり、共生して生きているのです。 常在菌は、体の表面にいます。…といって ...

続きを読む

アトピー性皮膚炎の生活管理

こんにちは。 面倒がらずに自分の肌を観察し、すぐに対応することがアトピー性皮膚炎の治療にとってとても大事なこと。潤いがあるか、ツヤがあるか、なめらかさはどうか、張はあるか、弾力、血色はどうか…など。「 ...

続きを読む