• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

春は心身のバランスを崩しやすい季節です

こんにちは。

段々と日の出の時間が早くなってきました。暑さ寒さを繰り返しながら暖かくなり、少しずつ春の訪れを感じます。

春は自然界全てのものが新しく生まれ、伸びやかに成長する季節です。

植物も動物も春の陽気に誘われて、活動を開始します。このように、春の陽気は体にエンジンをかけるような「気」を上昇させる性質があります。

心躍る季節ではありますが、一方でこの時期に「気力」や「元気」が足りないと、活動的な状態に上手くシフトできません…。その変化がストレスになり、自律神経やホルモンバランスが崩れやすくなります。

それに加え、春は人間関係や環境の変化なども起きやすいので、心身のバランスを崩しやすくなります。

なので、「春」はストレスをためず、リラックスに努める季節…と言えます。

中医学では、体全体の気の流れを調節する役割を「肝」が担っていると考えています。

ストレスにより、「肝」の機能が低下してくると、気の流れの調節が上手くいかなくなり、気が滞ります。それを上手にさばけないと、体の各所に影響が出て来ます。

特に、女性の体はとてもデリケートなので、自分では気がつかない程度のストレスでも敏感に感じ取り、自律神経のみならず、ホルモンバランスの乱れを引き起こす可能性があります。

自律神経が乱れるとホルモンバランスが崩れて、ホルモンのバランスが崩れるともっと自律神経が乱れるという、悪循環に陥ってしまいかねません。

ですから、ストレスを上手にコントロールして、メンタルヘルスに努めることが、春の養生のポイントになります。

「酸味のあるもの」や「香りのあるもの」は、「肝」にはたらき、体内の気のめぐりを良くします。ハーブティーなどもおススメです。

140303_1

漢方薬では、気の流れを良くし体全体の新陳代謝を促進する「逍遥丸(しょうようがん)」があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。