• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

店頭から消えた、シソ油や亜麻仁油

こんにちは。

最近スーパーの店頭からシソ油や亜麻仁油が消えているそうですね。

150527_1

シソ油や亜麻仁油は「オメガ3系」のαーリノレン酸を多く含む油で、この油が認知症の予防にいい…ということがテレビなどで紹介されたことがキッカケだそうです。

「オメガ3系」が注目を集めたのは、このαーリノレン酸が体内でEPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)に変化し、脳の活性や血中の中性脂肪を下げたり、網膜の健康にも役立つなど、健康を維持するための様々な機能を持ち合わせている…ということです。つまり、ここからシソ油や亜麻仁油の話が出たんだと思います。

また、同じ「オメガ3系」の中のEPAやDHAは青魚などに含まれ、生活習慣病の予防に貢献してくれます。なので、「オメガ3系」は積極的に摂りたい脂肪酸…とも言えます。

「オメガ3系」のαーリノレン酸は体内で作ることができず、食品から摂らなければいけない油であることから、「必須脂肪酸」と呼ばれています。

同じ「必須脂肪酸」に「オメガ6系」があります。「オメガ6系」のリノール酸は、摂り過ぎると心疾患やガンのリスクを高めるなど、生活習慣病を促進させる恐れがあると言われています。子どもの発育には欠かせない油ですが、現代ではこのリノール酸の摂り過ぎが指摘されているそうです。リノール酸はスナック菓子やゴマ油、大豆油などに含まれます。

「オメガ6系」の油は、摂り過ぎるとアレルギー症状を悪化させるなどの報告もあるようです。理由は、この油から作られる「プロスタグランジンE2」や「ロイコトリエン」には、炎症や腫れを作用があり、アレルギーを引き起こしやすい油…というわけです。アレルギーや皮膚トラブルのある人はなるべく避けたい油だと思います。

一方で、最初の「オメガ3系」の油には、炎症症状を抑えるはたらきがある…ことが分かっており、「オメガ6系」の油のを抑えることが出来ます。こちらは積極的に摂りたい油です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。