• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

夏を元気に乗り切る漢方

こんにちは。

130801_6

夏を元気に乗り切る漢方としておススメなのが「麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)」。

人参、麦門冬、五味子の3つの生薬からなるシンプルな処方で、中国名を「生脈散(しょうみゃくさん)」と言い、「脈を生む」という力に優れていることから来ています。体が消耗したエネルギーと体の水分を補い、心臓を守るのにとても優れています。

気温が上がる季節に注意が必要な病気として、まず浮かぶのが「熱中症」ですが、重大な病気に「心筋梗塞」や「脳梗塞」があります。

夏に起こりやすい理由としては、汗によって体の必要な水分が奪われてしまうことにあります。血液の約70%は水分ですから、身体が脱水状態になるということは、この血液中の水分も減ってしまうことになります。いわゆる血のネバネバ状態を生み、血管内でつまりやすくなります。

一般的に水を1日2リットル以上…と言われていますが、普通はそんなに飲めるものではありません。特にお年寄りや、もともと胃腸が弱い方が水だけを摂り過ぎると、胃酸を薄めてしまうので、消化不良になったり、胃腸のはたらき自体を悪くしてしまうこともあります。トイレだって近くなります…。

また、体が冷えやすい人、むくみやすい人、それ以外にも舌のふちにギザギザと歯の跡がある、舌苔がつきやすい人も水分代謝が悪い人ですから、たくさん飲むとかえって具合が悪くなってしまうことがあります。

逆に、お酒の飲み過ぎは脱水状態を起こす原因となります。

中医学では「汗は心の涙」と言います。汗は新陳代謝の1つですからもちろん必要ですが、ダラダラと汗が出て、もれ出るようでは問題です。「心(しん)」のはたらきを弱めてしまうので、動悸や息切れなどの症状になって現れます。

そうならない為におススメなのが「麦味参顆粒」です。

スポーツや旅行が好きな方、山登りをされる方、畑仕事をされる方、いつも疲れている方…お子様からお年寄りまで安心して飲めます。ほのかな酸味と苦みがありますが、アクエリアスに入れると全く気になりませんし、いつものスポーツドリンクがスーパースポーツドリンクに変身します。

「麦味参顆粒」は、この夏おススメの漢方薬です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。