• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

この季節、体が重だるいのは「体にたまった湿気」のせい…

こんにちは。

四方を海に囲まれ湿度も高い環境の中で生活しているボクたち日本人は、体内に湿気がたまりやすい状況にあります。大気中の湿度が高い為、体の水分(湿気)が皮膚から発散しにくく、体内に滞りがちになるからです。

この季節になると体が重だるく感じるのはそのためです…。

体内に湿気がたまると、特に脾胃(消化器系)の機能が失調しやすく、食欲不振、おなかゴロゴロ、不快感や吐き気、下痢などの症状として現れます。

日本人は、ただでさえ湿気がたまりやすいところに、冷たい飲み物をよく飲む習慣があるので、消化酵素は薄められ、胃腸も冷えて更なる湿気を生みます。

湿気をためないためにも、冷たい物や生ものなどの摂り過ぎには十分注意が必要です。

そんな不快な胃腸症状を改善させる漢方薬が「勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)」です。もともとの名前を「藿香正気散(かっこうしょうきさん)」と言い、中国ではポピュラーな漢方薬です。

名前にもある「藿香」は、その芳香成分が体にたまった湿気を取り除いて、不快な胃腸症状を改善してくれる生薬です。

その他に、「蘇葉(そよう)」「白芷(びゃくし)」が体表につきまとう湿気を取り除き、「白朮(びゃくじゅつ)」「厚朴(こうぼく)」「大腹皮(だいふくひ)」「半夏(はんげ)」「茯苓(ぶくりょう)」が体内にたまった水分を取り除きます。

「勝湿顆粒」は、体内にモヤモヤとした感じで存在する湿気を除湿してくれる「脱臭剤付き除湿機」といったところでしょうか…。

「勝湿顆粒」はこの季節に欠かせない漢方薬。「湿に勝つ」というこの漢方薬は、蒸し暑い夏をちょっと快適にしてくれると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。