• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

漢方薬は飲みにくいですが…

こんにちは。

漢方薬を飲む際、ネックになるのが、その独特な「味」と「ニオイ」かもしれません…。更に、基本的に粉薬が多く、一般的な医薬品と比べて量も多い…ということもあります。

なるべく少ない量で、負担を少なく…と思っていますが、一定の効果を期待するには、量も必要であると考えます。

大人でも飲めない人がいるくらいなのに、子どもの場合は大変なことだと思います。ただし漢方薬は、生薬を煎じてエキスにしたもの…その「味」や「香り」も薬効のうちなのです。飲んでいるうちに慣れてくる…ということもあります。

「良薬口に苦し」という言葉がありますが、飲めないと意味がありませんので、色々な工夫が必要です。

服用の工夫として、「そのまま飲む」「溶かして飲む」「何かに混ぜて飲む」という方法があります。

漢方薬は、もともと煎じ薬…。できればお湯に溶いて飲んでいただきたいのですが、なかなかそれが難しい場合、「そのまま飲む」か「何かに混ぜて飲む」という選択肢になります…。

「そのまま飲む」場合、お水で流し込むことになります。オブラートやカプセルを利用するのもいいですが、量が多い場合、飲む回数が多くなることがあります…。

「何かに混ぜて飲む」場合のおススメの飲み方は、アクエリアスなどのスポーツドリンクに混ぜる方法です。結構苦いお薬を飲むとき、アクエリアスに溶かして飲むと大丈夫な場合がよくあります。お子様が苦い漢方薬を飲むとき、一緒に入れると飲んでくれたりもします。

アクエリアスに溶かした漢方薬を飲んで、その後少量のアクエリアスで後味を消す…という方法でがんばってくれている子もいらっしゃいます。子どもさんが頑張っているのを聞くと、すごくうれしいし、何とかしてあげたいという思いが強まります。

スポーツドリンクは糖分が多いので、飲み過ぎには注意が必要かもしれませんが、口の中に残る漢方薬の味を洗い流すのには有効だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。