• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

夏の中華風素麺 -劉伶先生の薬膳レシピより-

こんにちは。山一薬局立小路店の岡村祥平です。

暑い日が続くと、そうめんが美味しいですね。ボクも最近はよく食べます。

でも、そうめんは「めんつゆ」で食べるだけ、薬味をいれたり、少しの具材を付け合せとして入れて食べるぐらいではないでしょうか?

今回ご紹介するレシピは、「葱香味噌ミンチダレ」「ゴマダレ」で夏野菜と一緒に摂ることが出来る「夏の中華風素麺」です。

130729_1

左:葱香味噌ミンチダレ / 右:ゴマダレ

「夏の中華風素麺」 4人前

- 材料 -  素麺、長ネギ1本、生姜少々、ニンニク1個 キュウリ4本、豚肉ミンチ(豚バラ肉可)100g 醤油、塩、味噌、料理酒、鶏ガラスープの素。

- 作り方 -  ゴマダレ:練りゴマに塩を入れ、水を加えながらクリーム状になるまで混ぜる。

葱香味噌ミンチダレ:長ネギ2/3本、生姜は千切りにします。鍋に油大さじ3杯入れ加熱し、長ネギ、生姜を入れ、香り出しをして取り出し、豚肉ミンチを入れてよく炒めます。醤油、味噌、料理酒、鶏ガラスープの素を適量入れ混ぜ合わせ、3分ぐらい煮込んで出来上がり。

キュウリ、長ネギ、1/3本を千切り、ニンニクはみじん切りにしておきます。(醤油:味噌は1:2)

素麺を茹でて、水洗いをし、タレをかけて食べます。(洗わずに温かいうちに食べても美味しいです。)

- 効能効果 -  キュウリには利水作用がああり、長ネギは温中散寒の効果があり、生姜、ニンニクは温中殺菌の効き目があります。

夏の時期の水あたり、浮腫みや夏風邪の予防に効く一品です。

「葱香味噌ミンチダレ」と「ゴマダレ」を一緒に混ぜて食べるのも美味しかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。