• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

日焼け止め選びで大切なこと

こんにちは。

2013年1月から、UV-Aを防ぐ指標「PA」に「++++(きわめて効果あり)」が加わりました。高機能=良いUVケアとは一概に言えませんが、アンチエイジング重視の方は、「PA++++」表示の物を選ばれると良いと思います。

PAとはProtection Grade of UVA(プロテクション グレイド オブ UVA)の略でUV-A防御指数とも言います。

肌の奥まで届くUV-Aは、紫外線に当たって肌が黒くなる日焼け(サンタン)を引き起こすことがすぐに目に見える変化と言えます。

近年の研究で、このUV-Aがシミやしわの発生に大きく関わっていることが分かってきています。

もうひつは、UV-Bを防ぐ指標の「SPF」。

SPFとはSun Protection Factor(サン プロテクション ファクター)の略で紫外線防御指数とも言います。

肌を赤くするUV-Bは、長時間の日光浴で肌が真っ赤に焼けたり、水膨れができたり…。このように肌が赤くなる日焼け(サンバーン)の主な原因で、シミやソバカスの原因になります。

何もつけない状態で20分間日に当たると日焼けし始める方は、SPF10で(20分×10=)200分間、日焼け止め効果が期待できます。

ただ、しっかり塗らないと効果がありませんし、水に濡れた場合期待できる時間よりも効果が短くなることもあります。その場合は、定期的に塗りなおす必要があります。

UVケア商品を選ぶのに一番大切なことは、自分のとって必要な機能を把握することです。

ウチの薬局でおススメの日焼け止めを紹介します。

 

130729_2

リスブラン ハイエスミルキールーセント  40g ¥3.150  SPF40 /PA++

紫外線からしっかりと守る乳液タイプ。スルッとのびて白くなりにくいので、全身ケアにもおススメです。

130729_3

リスブラン ノンSクリーム  45g ¥2.100  SPF13 /PA++

日常的なUVケアに最適。しっとりした感触のクリームタイプです。お子さんにも。

130729_4

リスブラン プロテクトS  120ml ¥2.940  SPF10 /PA+

メークの上からも使える、日中のUVケア直しにも最適なスプレータイプUVケア。

目安としては、普通生活では SPF10~20/PA +~++、外にいることが多い人は SPF30~40/PA ++~+++、 海・スキーでは SPF50~60/PA +++~++++ です。

赤ちゃん・お子様などはSPF10~20くらいが目安です。一般的に、効果の高い日焼け止め成分を含むもの、量を多く含むものは、SPF、PAが高くなりますが、肌負担も高くなる傾向があります。

日焼け対策、万全ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。