• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

ゴーヤをそのままにしていると…

こんにちは。

ウチの薬局では、緑のカーテンでゴーヤを育てています。

「ゴーヤチャンプル」になったり、酢漬けになったり、食卓に上がっています。

プランターで育てているのでスーパーで売っているようには大きくはありませんが、味はしっかりしています。

どれくらい大きくなるのか…。ちょうどいい時に収穫しないと、今度は熟れてくるんです。熟れてくると、黄色く色づいてきます。

130731_1

「もうちょっと大きくなるだろう…」と欲を出しながら収穫せずに置いていると、次の日には黄色く色づき始めます。

130731_2

黄色いゴーヤは苦味が取れて、今度は甘くなります。黄色くなったゴーヤは柔らかくなり、しばらく置くと割れてそこから種が出てきます。

種は赤い膜で覆われて、その膜は甘いです。ゴーヤの味からは全く想像できない甘さです。デザートのような。でも、食べる所はほとんどありません。

甘いものがなかった時代、これをおやつ代わりに食べていたと、お客様から聞いたことがあります。黄色いゴーヤをみて、懐かしいと言われました。

130731_3

先日の豪雨でウチの店の唯一の被害は、ゴーヤのネットが外れて傾いたことでした。その後元に戻しましたが、何事もなくすくすく育っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。