• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

気になるお店を発見!

こんにちは。

11月22日(日)と23日(祝)、「高円寺塾OB会」に参加するため、東京に行って来ました。

出張すると「お土産を何にしようか…」と考えてしまいます。大概、その場で決めたり、時間がなく空港で買ったり…ということがほとんどですが、今回は事前に決めて行きました。

151126_8

先日放送された「朝だ!生です旅サラダ」の人気のコーナー「日本全国 コレ!うまかろう」で紹介された、「お菓子工房 SHIMIZU」さんの「ナポレオン ブランデーケーキ」…。

お菓子工房 SHIMIZU

「松屋浅草」で売っている…ことから、「高円寺塾OB会」の会場である上野からも近いし、是非食べてみたい…ということで、東京に着いたその日に買いに行きました。

…が、午後3時の時点で完売して買えず、出直して来ることとなりました。

「松屋浅草」の開店時刻は10時であることを確認し、間に合うようにと思ったのですが、着いたときには11時をまわっていました。

かろうじて「ナポレオン ブランデーケーキ」を買うことができましたが、あと30分遅ければ買えてなかったかもしれません…。

買えたことの嬉しさと達成感から「ルンルン」で歩いていると、あるお店にディスプレイされたある商品が目に飛び込んできました…。

151123_1

「招き猫」のお財布です…。インパクトのある財布を探し求めていたボクにとって、この出会いは衝撃的でした。

たまたま見付けたそのお店の名前は、文庫屋「大関」さんで、日本唯一の皮革工芸“文庫革”の専門店だそうです。

“文庫革”は、姫路発症の江戸時代より続く皮革工芸品で、職人たちが一筆一筆丁寧に彩色を施しているそうです。柄は「金唐(きんから)柄」「時代(じだい)柄」「小紋(こもん)柄」「花柄」…と柄のバリエーションは豊富です。

ネットショップでも販売しているそうですが、唯一のリアル店舗がこの浅草店だそうです。なので、実際目で見て…ということで、わざわざそのために足を運ばれた人もいました。浅草…という場所柄、外国人観光客も多く、お店の中は賑わっていました。

色々な柄があり迷いましたが、最初に衝撃を受けた「招き猫」を買うことに決めました。

プレゼントにもよさそうな気がします。アフターケアもしてくれるそうです。

文庫屋「大関」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。