• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

蔵象学説(ぞうしょうがくせつ)…という考え

こんにちは。

中医学の考え方で面白いのが「蔵象学説(ぞうしょうがくせつ)」かもしれません。

この「蔵象」の「蔵」とは、「体の中に蔵しているもの」のことで、「内臓」のことですが、その内臓は「五臓六腑」を指しています…。

そして「蔵象」の「象」は、「内臓の状態が体の外に現れたもの」のことで、「現象」を指しています。

ボクたちの体の中は「ブラックボックス」。むかしは現在のように高度な検査機器がない時代です。

内臓の様子は「経絡」を通し皮部や経筋、または様々な器官など、体のいろいろな部分に現れる…ということをむかしの人は突き止めました。つまり、「蔵象学説」とは、「外に現れた現象」から「内臓の状態を知る」方法だということです。

中医学では、人間というシステムを「五臓」を中心とした5つのグループ(肝、心、脾、肺、腎)に分けました。

・肝…目、自律神経、腱、胆のう
「血」を蓄え、体内の血量を調整する臓器です。

中医学では「気」「血」の巡りを良くし、自律神経の安定や骨、筋肉の緊張を維持する臓器と考えられています。「肝」が弱ると、イライラ、怒りっぽい、憂うつなどの精神不安定、片頭痛、過敏性腸症候群、生理不順、月経前症候群(PMS)…などになりやすくなります。

・心…舌、脳、血管、小腸
血液を全身に循環させる臓器です。

中医学では、心や感情などの精神活動、意識、思考などもつかさどる臓器と考えられています。「心」が弱ると、血液循環や精神状態が悪くなり、動悸や不整脈、不眠、多夢、イライラ…などがあらわれやすくなります。

・脾…唇、胃腸、免疫、筋肉
消化器系のことです。

中医学では、「脾」は脾臓だけでなく、胃腸を含めた臓器全体のはたらきを指します。消化吸収された食物を「気」「血」に変えて全身に送るはたらきをもっています。口や唇と深く関係し、「脾」が弱ると胃腸の機能が悪くなり、「気」が不足し、食養不振、疲れ、だるさ、手足のむくみ、下痢…などの症状があらわれやすくなります。

・肺…鼻、呼吸器、皮膚、大腸
体内外の空気の交換を行う呼吸器です。

中医学では、きれいな空気を吸い、汚れた空気を吐く臓器とされ、全身の「気」や「水」を調整する代謝作用ももつと考えています。「肺」が弱ると、カゼ、花粉症、のどの痒み、喘息、息切れ、かすれ声…などの症状が起こりやすくなります。

・腎…耳、膀胱、性ホルモン、骨
体内の不必要な水分を尿として排泄する臓器です。

中医学では、水分の排泄だけでなく、貯蓄、分布も含めた水分代謝のコントロールを行うと考えられます。また、体の発育・生殖・老化に深く関わる「精」を蓄える臓器とも考えます。なので、「腎」が弱ると精力減退、不感症、不妊症、頻尿、足腰の衰え、骨粗鬆症、健忘…などの症状が出やすくなります。

そんな「五臓」は、お互いにバランスを取りながらシステムの運営にあたっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。