• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

長引くカゼ、セキがなかなか止まらない、慢性疲労…共通点は免疫低下

こんにちは。

今年のカゼは長引く傾向にあるようですね。寒暖の差が激しかったからかもしれません…。

カゼがなかなか治らない、セキも治まらない、体がダルい・疲労感…。このような症状には、免疫力の低下が大きく関与しています。

免疫力の低下からウイルスや菌の感染を許してしまいますが、そこで体の反応としてカゼの症状(セキ・鼻水・発熱)が出てきます。

セキは「のどに繁殖しているウイルスや菌を外に出すため」ですし、鼻水は「外へウイルスや菌を洗い流したりするため」ですし、熱は「体内に入ったウイルスや菌の活動を弱くし、免疫細胞を活発にするため」の大切な反応です…。

体にとっては早く治るための手助けをしているのですが、低下した免疫力を早く高めてあげることが出来れば、それだけで早く治ることができ、長引かせないことにもつながります。

また、体内では免疫が低下していることによって過剰な免疫伝達物質(ウイルスや菌をやっつけなさいといった攻撃命令:TGF-β)を体内で放出する形となり、これが原因で起こる病気が「慢性疲労症候群」だそうです…。

先日も、4ヶ月間カゼの症状が抜けない…という方が来られました。お話をお伺いして、これは明らかに免疫力、自然治癒力の低下によるものだと感じました…。このような場合、いくら症状を止める薬だけを服用しても、なかなか完治まではいきません。少し良くなってはまた戻る…といった状態が続いているようでした。

この悪い流れを抜け出すため、LEM(シイタケ菌糸培養培地抽出物)を飲んでいただきました。

次の日に来られたとき、「何かいいようだ…」ということで、続けていただきました。ただ、「味がちょっとね」ということを言われていました。

それでも、2週間くらい続けていただいたようで、次に来られたときにはすっかり元気になられ、全快されました。味も気にならなくなったそうです…。

このことがキッカケでLEMにすっかりハマってしまわれて、ご家族の健康維持に欠かせないものとなっているそうです。

160224_1

最近、ボクの姪の「茉結ちゃん」の等身大ちょい大きめのパネルが完成しました。もうすぐ2歳、LEMを飲んでいる「茉結ちゃん」のパネルです…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。