• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

3分14秒の健康法

こんにちは。

朝早く起きると、公園に集まる人達が遠くに見えます…。多分、「ラジオ体操」をされている人達なのだと思うのですが、この「ラジオ体操」は考えると凄いものだと思います。

これまで「〇〇健康法」「〇〇で元気になる!」とメディアで取り上げられたら一気に注目を集め流行しますが、いつの間にか廃れていく健康法が多い中、今でも続く健康法です。ラジオ体操が始まったのは1928年だそうですが、現在の「ラジオ体操」になったのは1951年…。65年経った今でも続いているわけです。

「ラジオ体操」は幾つかあるようですが、「ラジオ体操第一」だけだとわずか3分14秒という短い時間なのですが、基本的な運動の動きが全て組み込まれた非常に計算された体操なのです。しかも、子どもからお年寄りまで幅広い世代ができる一方で、意識してやると汗ばむくらいの結構いい運動です。ボクの小学校の頃、夏休みになると朝早く公園で「ラジオ体操」をするのが学校の決まりでした。

ラジオ体操の効果としては

①血行促進
簡単な動きばかりに見える「ラジオ体操」ですが、体のあらゆる関節を最大限に使う動きが組み込まれています。関節を使って動かすことは、全身の血行促進つながります。代謝も上がり、脂肪燃焼効果も期待できるのではないでしょうか…。

②猫背の予防
体を動かさないでいると筋肉は硬くなり、背中が丸くなりがちです。「ラジオ体操」には背伸びをしたり体を回したり、姿勢を良くする運動が組み込まれています。なので、「ラジオ体操」を続けることで高齢になっても姿勢の良い体をキープすることができると思います。

③ボディラインの引き締め
「ラジオ体操」にはねじったり、反ったり…という動作が沢山あるので、ウエストや背中のラインの引き締めに効果的…。内臓も動かすことで大腸を刺激され、便秘にも良く、ポッコリお腹の解消にも…。

小学生の頃にはよく分かっていませんでしたが、考えると「昭和の健康法は凄かった…」と感心するところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。