• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

「元乃隅稲成(もとのすみいなり)」神社」へのバスツアー

こんにちは。

今日は、町内合同の老人会日帰りバスツアーの日でした。

長門市油谷にある、ホテル「楊貴妃館」に行き、温泉に入り、食事をし、その周りを観光するのが目的だそうです。迎えのバスが各集合場所を回り拾って行くのですが、ウチの町内の集合場所はウチの薬局の前でした…。

なので、開店時の店頭は参加する方々に占拠されていました…。

160102_1

今回、目玉となるのが「元乃隅稲成(もとのすみいなり)」神社」だそうです。皆さんはそれを楽しみにされていました。

夕方に帰って来られ、ウチの薬局はサロンのようになり、お茶を飲みながらお土産話を聞かせていただきました。

「元乃隅稲成神社」はテレビなどで紹介されたことにより、爆発的な人気スポットになっているので、今日のような平日でも、大型バスがドンドン来ていたそうです。他県のバスが多かったそうです…。話を聞いていると、ボクたちが正月に行ったときよりも更にすごいことになっているように感じました。

駐車場もいっぱいで、長居ができないので、わずか15分の滞在時間…。そのかわり、今日は晴天に恵まれたため、写真に紹介されているそのままの景色だったそうです。

ほとんどの方は時間が15分しかないし階段なので、赤い鳥居をくぐって下まで下りなかったそうです。ただ、90歳近いおばあちゃん1人だけ下りたんだそうです。当然、集合時間に間に合わず、時間を過ぎてしまい、皆さんが心配したそうです。そんな心配をよそに、当の本人は「冥土の土産に…」と下りて見たかったんだとか…。

160523_1

「元乃隅稲成神社」は、詩歩さんの「死ぬまでに行きたい!世界の絶景~日本編~」という本の中で紹介されていますので、それはそれは、いい「冥土の土産」となったことでしょう…。

また、同じシリーズの「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」には角島(つのしま)が紹介されています。こっちは世界です。

そんな絶景スポット2ヶ所ですが、比較的近い場所にあります。そのため、皆さんこぞって行くのも納得できます…。

160523_2

土産話を聞かせていただき、「元乃隅稲成神社」の交通安全祈祷のステッカーまでいただきました。車に貼るのは抵抗があるので、自転車に乗る際に携帯する何かに貼らせていただこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。