• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

湿気に勝つための漢方薬

こんにちは。

日本人は他国の人と比べて胃腸が弱いとよく言われます。これは、日本人が冷たいものを多くとる習慣があるのと、日本の気候は湿度が高いため、体の中と外の両方で脾(胃腸)をいじめている事が関係しています。

中医学では、脾は食物を吸収し、気(エネルギー)や血(血液)をつくるだけでなく、水分を代謝する働きがあると考えています。その為、体内の代謝が悪くなると体の中に湿気が生まれます。

この湿気は、食欲不振、軟便下痢、体が重だるい、頭が重い、浮腫みやすいなどの症状として現れることがあります。また、こういった人の舌を見ると、舌が浮腫んで大きかったり、歯型がついていたり、苔がベッタリ厚くなっています。

特に夏は蒸し暑く、どうしても水分を多く摂りがちになるので、胃腸機能が低下し湿気もたまりやすく、これらの症状も出やすくなります。

そこで、おススメなのが「勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)」。「勝湿顆粒」はジメッとした体の中をカラッとさせる、脱臭剤付き除湿機と表現できる漢方薬です。湿気に勝つための漢方薬です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。