• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

この時期は、水分補給とエネルギー補給が大切

こんにちは。

夏は汗をかくものですが、これ度を超すと、疲労倦怠感、息切れ、動悸など、さまざまな体の不調を引き起こすので注意が必要です。

中医学では汗を、体全体をみずみずしく保つ「津液(水)」の仲間と考えています。

「血」と「津液(水)」を合わせて「陰液」と呼び、この2つの間には密接な関係があります。

汗をかくと、体全体の水分が減少し、同時に「気(エネルギー)」も消耗します。

中医学では、汗は「心(しん)の液」と言われ、水分だけでなく「気(エネルギー)」も漏れ出ると考えているからです。

「気(エネルギー)」を消耗し過ぎると、心臓の機能を弱めることとなり、脈拍が弱くなったり、不整脈、動悸、息切れといった症状として現れます。また、発汗により血液が濃くなるため、粘り気が増し、血栓ができやすくなります。

ですから、汗のかき過ぎからくる動悸、息切れなどは、心臓からの注意信号だと考えられるわけです。

さらに、今からの高温多湿な気候や、台風などの気圧の変動も心臓に負担がかかることがあります…。

この時期は脱水と脱力の両方が生じるため、何より水分補給とエネルギー補給が大切です。

130801_6

この時期におススメなのが「麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)」という漢方薬。別名「生脈散(しょうみゃくさん)」ともいいます。

「脈を生む」という名前にあるようにり、心臓の働きを強めるとともに、冠状動脈の拡張・血液凝固の抑制・体液補充などの総合作用で、暑さからくる諸症状に対し効果が期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。