• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

「遠志(おんじ)」の薬理作用

こんにちは。

先日の「健康フェア」…。漢方薬を見るとつい目が行ってしまいます。

140823_8

今回気になったのが、「遠志(おんじ)」という生薬単味の製品。「物忘れ改善薬」として医薬品になっていました。

「遠志」が2015年、「中年期以降の物忘れの改善薬」として有効性が認められたんだそうです。そのため、「遠志」には脳の記憶機能を活性化して中高年以降の物忘れを改善する…と言えるようです。

確かに、「遠志」には驚きやすい、動悸、不安、不眠それに意識混迷などの状況を改善し、「遠く(久しく)志を持ち続けることが出来る…」という精神安定作用があるので、精神神経系の漢方処方に使われています。

そんな「遠志」の入った処方の一つ「心脾顆粒(しんぴかりゅう)」…。脳の疲れを和らげ、精神を安定させる10の生薬からなり、効能にも「健忘」があります。

中医学では「心脾両虚(しんぴりょうきょ)」というタイプに対するものです。

「心脾両虚」とは、「血」を全身に巡らせる働きを持つ「心」と、消化吸収をつかさどり、「気」「血」を生成する「脾」の両方が虚弱になった状態。ストレスや思い悩み、考え過ぎなどで脳に過度な負担がかかると、「心血虚」と「脾気虚」が同時に現れることが多くなります。

①考え過ぎ・ストレス・脳の疲れにより、交感神経末端や副腎髄質からアドレナリンなどを過剰に放出して、「心」と「脾」に影響します。

②アドレナリンの持続した刺激により「心」が疲れ機能が弱まり、緊張状態、動悸、不安・不眠などが起こります。また、胃腸に流れる血流量が減ったり、胃腸の働きが悪くなってするので食欲がなくなり、胃腸障害、食欲不振、疲れやすくなり、さらに「気」「血」などのエネルギーが不足します。

③「気」や「血」が脳に行かなくなることで「健忘」になるわけです。

「心脾顆粒」は「遠志」を含む10種類の生薬で、物忘れが多くなったり、記憶力が落ちる…という心配のある人におススメの漢方薬です。

コメント一覧

ナノ2017年11月19日 6:06 午後 / 返信

初めまして。 ナノと申します。 家族が重症筋無力症でステロイド剤を服用しています。 記憶力の低下が特にあるわけではありませんが多少鬱傾向があったり眠れなかったりするため 知人の漢方薬局から遠志の漢方薬を勧められました。 現時点でステロイド剤を止めるつもりはありませんが、 併用することで何か悪い影響の出る可能性はありますか? 教えていただけると嬉しいです。 よろしくお願いいたします。

    岡村 祥平2017年11月20日 1:28 午後 / 返信

    コメントありがとうございます。 ステロイド剤を服用されている場合、抑うつ気分や不安感、焦燥感、不眠や食欲不振などの症状が出ることが知られています。 血中のコルチゾールが高くなることで、海馬の機能が低下するからだと言われていて、ステロイド剤が減量できないのであれば抗うつ剤などの薬物治療となります。 薬物治療もそれなりの効果をあげているようですが、依然としてエビデンスは不十分だそうです。 遠志の漢方薬との併用に関して問題ないとは思いますが、効果が穏やかでも「証(タイプ)」によっては合わない場合もあるので、絶対に大丈夫とは言い切れません。 ただ、知人の漢方薬局の先生が判断されたのであれば、問題ないのではないかと思います。

ナノ2017年12月13日 8:04 午後 / 返信

お礼が遅くなり申し訳ありません。 丁寧なご回答ありがとうございます。 本人はその後まもなく病院の薬の変更や調整があったため 経過観察の必要もあって遠志の服用は控えています。 むしろその後は私の方が皮膚トラブルなどで寝つきが悪くなりましたので 代わりに(?)服用しています。 近年 もの忘れも少々気になっていたものですから…(笑) 【晴快散】という漢方ですが、 わりと眠れるようになった気がします。 漢方薬にしてはお安いめ(?)なので しばらく飲んでみようと思っています。 ありがとうございました(^ ^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。