• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

「重源(ちょうげん)の郷」まで🚴…

こんにちは。

段々と春らしくなり、「そろそろ自転車を再開しよう…」と思うようになりました。

今回チャレンジしようと考えたのが、「重源(ちょうげん)の郷」に行く途中にある「いなか屋」さん…。テレビで紹介され、放送直後に行った1度目はすごい人で立ち寄れず断念、年末2度目に行ったときは少し落ち着いてきたのか、食べることができました。この2回とも車だったので、今回は自転車で行こうと考えたわけです。

次のために残しておいた「お箸で食べるステーキセット」を食べに行くことにしました。

距離的にはウチから30kmくらいの場所…山を越えて行くことになるので気合を入れないといけません…。

途中、目線の先に山口線「仁保駅」に停まっている「SLやまぐち号」が見えました。新山口駅を出発し、目的地である津和野駅に向かう途中に立ち寄ったのでしょう…。(見えているのはSLのお尻の部分です)

「仁保駅」を過ぎ、道の駅「仁保の郷」を通過し、その先の分岐を「引谷(ひくたに)」の方…県道26号に入ります。こちらのルートの方が車の危険がないし、走りやすいからです。

入ってからすぐに上り坂…今回一番きついポイントです。それでも、そこを抜けると後半は緩やかな下り坂がずっと続きます。

出発が遅かったので、「いなか屋」さんに到着したのはちょうどお昼時でした。

お昼時…ということで、お店の周りには待っている人が20人くらい…。ボクもお店の入口で名前を書き、順番が来るのを待ちます。

それでも、意外に早く名前が呼ばれました。カウンターの席に通されます…。

ボクは目的の「お箸で食べるステーキセット」と「御所野ラーメン」を注文しました。今日は贅沢なお昼ごはんです…。

「一口30回噛む」よう、ゆっくり味わって食べようと思いましたが、カウンター席は窓越しに待っている人がよく見えます…。「早く席を空けてあげなければ…」そう思うとペースは速くなり、15分で食べ終え、食後のコーヒーもいただき、「いなか屋」さんを後にしました。

「いなか屋」さんから2km先に行くと、「重源の郷」があります。せっかくなので、行ってみることに…。川の上流にあるため、緩やかな上りが続きます。

「重源の郷」に着いた辺りから、雲行きが怪しくなってきました。そして、肌寒く感じます。

持参したウィンドブレーカーを上から羽織り、これから寄り道をせず、来た道を引き返します…。

県道26号線を順調に走り、道の駅「仁保の郷」の手前で本格的に振り出してしまいました。

雨宿りを兼ねて休憩を…。通り雨☔だったようで、しばらくすると晴れ間が見え、以降濡れずに帰ることができました。🚴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。