• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

ジメジメした夏を快適に…

こんにちは。

梅雨に入ってもしばらくはカラッとしていましたが、ここにきて蒸し暑くなってきました。

四方を海に囲まれている地理的環境に加え、梅雨があります。生活しているボクたち日本人は、体内に湿気がたまりやすい状況にあります。大気中の湿度が高いため、体の水分(湿気)が皮膚から発散しにくく、体内に滞りがちになるからです。

この湿気…行き過ぎたものは、ボクたちの生体機能に悪影響を及ぼし、中医学では「湿邪(しつじゃ)」と呼ばれます。

「湿邪」には外湿と内湿がありますが、外湿は「自然界、環境の湿気」、内湿は「脾(胃腸系)の働きが衰え、体にたまった湿気」のことを指します。

中医学では「外邪が内邪を揺り動かす…」という言い方をします。ある性質の「外邪」が強くなると、同じような性質を持つ「内邪」も強くなると考えます。

梅雨をピークとして湿度が異常に上昇することに加え、日本人はもともと冷たいものを好む傾向があるので、脾胃の機能が邪魔され「内湿」が生じます。

この「内湿」の影響により、脾胃の機能が低下し食欲が出ない、無理やり飲食すると胃もたれや吐き気、ひどいときには嘔吐などの症状が現れることがあります。また、便の状態は軟便気味だったり、ひどいときは下痢をしたり水様便となることも…。排便してもスッキリ感が得られず、排便した便がキレイに流れない。

皮膚にはジュクジュクした湿疹が繰り返し現れ、体が重だるく、寝ても倦怠感が取れない、濡れたタオルで絞られたような頭痛が続く…など、「湿邪」に関連する症状は山ほどあります…。

このような場合、「湿邪」をキレイに取り除くことは、大変大事なことです。

また「湿邪」には滞りやすい性質があります。そのため、中医学ではなかなか改善しない病気には「湿邪」が絡んでいると考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。