• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

水分代謝を調節し、体の湿を取り除く

こんにちは。

日本の夏は高温多湿。

何もしていないのに体が重だるい、疲れやすい、気分がスッキリしない、食欲が落ちる…そんなことはありませんか?

この時期は、まわりの空気がどんよりしているように、実は人間の体も同じようにどんよりした状態…。そのため体内の水分代謝も悪くなり、湿(病理的な水分)として停滞しやすいのです。

体の中がジメジメし、汚れた蒸気が充満したような感じです。

このような状態では、胃腸の働きが弱くなる一方、腸内細菌のバランスも悪くなるので、胃腸障害を引き起こしやすくなります。

冷たい物の取りすぎなどで、更に胃腸の働きを落とします。倦怠感に加え、食欲不振や軟便・下痢などにもつながります。

このように体内にモヤモヤした感じで停滞する湿気に対しては、「勝湿顆粒」がおススメです。芳香成分によって体の中に存在するモヤモヤをとる、脱臭剤付き除湿機のようなもので、体の中をカラッと爽快にしてくれます。

「勝湿顆粒」には水分代謝を調節する生薬がいっぱい入っています。

・体表につきまとう湿気に対処…藿香(かっこう)、蘇葉(そよう)、白芷(びゃくし)

・体内にたまった水分を除去…白朮(びゃくじゅつ)、桔梗(ききょう)、厚朴(こうぼく)、大腹皮(だいふくひ)、半夏(はんげ)、茯苓(ぶくりょう)

「勝湿顆粒」は梅雨時期に生じる胃腸障害(食欲不振、少食、軟便)のほかにも、急性胃腸炎(発熱、嘔吐、腹痛、下痢、便が臭い)や食あたり、水あたりによる胃腸障害、二日酔い(飲食後消化器症状)などにもよく利用されます。

また、子宮には作用しないので、生理中・妊娠中のむくみ、吐き気(つわり)、下痢にも安心して使うことができます。また胃腸にも優しいので、新薬が服用できない人も使用することができます。

「勝湿顆粒」はこれからの時期、活躍してくれる漢方薬だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。