• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

これから乾燥に向けて…

こんにちは。

「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉があるように厳しい暑さはなくなりました。日中まだ半袖がちょうどいいくらいですが、朝晩は冷えて半袖だと少し肌寒く感じます。

すっかり秋本番…。気温や湿度が低下していくこれからの季節は、「乾燥」が深刻化してきます。

乾燥は最も「肺」に影響を与えます。

夏の暑さ、汗を沢山かくことにより、体の粘膜が乾燥気味に…。特に肺経(のど・気管・肺など)の乾燥が大きく、これに秋の乾燥が加わることにより、唇や鼻の粘膜がパサパサになったり、喉が渇いて痒い、から咳、便秘といった症状が現れがちになります。

津液(体の潤い)を養い肺の乾燥を潤すことが大切です。また、辛いものの摂り過ぎに注意してください。加湿器などもいいでしょう。

130911_1

「乾燥」に対し、中医美容によく使われる生薬に「沙棘(さーじ)」があります。

「沙棘」には、ビタミンE、ビタミンC、カロチン、不飽和脂肪酸、アミノ酸、フラボノイドなど、100種類以上の生理活性物質を含み、中国では「美容の果実」「ビタミンの宝庫」と言われています。

果実を搾った汁の上澄みのオイル(沙棘オイル)には、「抗酸化・老化防止作用」「抗炎症整肌作用」「滋陰潤腸作用」「血脂降下作用」…などの作用が報告されています。

①抗酸化・老化防止作用…強い抗脂質化酸化作用をもち、体内のフリーラジカルを除去し、放射線や紫外線、電磁波から体を守ります。

②抗炎症整肌作用…粘膜修復、皮膚組織再生と抗炎症作用により、潰瘍や炎症の回復を促進します。

③滋陰潤腸作用…有効成分が体に潤いを与え、新陳代謝を促進し、肌を若返らせます。

④血脂降下作用…コレステロール、トリグリセトイド値を降下し、動脈硬化を改善します。

その中でも、「抗炎症整肌作用」「滋陰潤腸作用」が実感しやすいのではないかと思います。

先日も「沙棘オイル」を飲んでいらっしゃる方、のどの違和感がオイルをのど全体に行きわたらせるように服用すると、数日で違和感が無くなったそうです。

また、いつも唇💋がガサガサに乾燥する方が、服用することで「シットリ」してきて乾燥感が無くなった…そうです。

体の中からの乾燥対策…「沙棘オイル」はおススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。