• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

「婦宝当帰膠」のエビデンス

こんにちは。

山口中医薬研究会で「婦宝当帰膠の工場視察」のお話をさせていただきました。

「すべてのご婦人にとって宝物のような中成薬(中国漢方)」という意味を込めて「婦宝当帰膠」と命名されたそうですが、甘くて美味しい😋中成薬として、若い人からご年配まで、幅広い年代層の女性に愛用されています。

女優・歌手の小泉今日子さん、モデルの美香さん、2007年ミス・ユニバース世界大会優勝者の森理世さん、女優の岩崎ひろみさんなど、数多くの方が女性誌やブログなどで紹介されているようです。

「婦宝当帰膠」は1978年に発売され、来年で40周年を迎えます。

そして、これまでに発表された実験結果には

①血を増やす作用
②体を温める作用
③鎮痛消炎作用
④女性ホルモン調整作用
⑤卵巣機能改善・卵胞発育促進作用
⑥子宮内膜の改善作用
⑦子宮痙攣収縮の緩和作用

など、多くのエビデンスがあります。

「婦宝当帰膠」と同じようなものが他メーカーから発売されています。

ただ真似して作っても、原材料や配合が一緒でも、製造技術の差で全く同じようにはならないハズです。レシピ通りに作っても、一流シェフのようにはいかない…のと同じだと思います。

実際、それらを飲み比べた人に聞いてみると、味が全く違うと言います。

「婦宝当帰膠」を製造している「中聯製薬廠」は、400年以上の歴史をもち、中国の衛生局から数々の表彰をされ、製品は高い品質を持つトップメーカー。今年の10月に中国・湖北省の武漢にある工場視察に行かせてもらい、中央コントロール室でコンピュータで全て温度などが管理されているのを見てきました。特に主薬となる「当帰」は揮発成分が多いため、煎じる温度、抽出時間などが効き目に左右するのではないかと思います。長年の経験が味以外の「効能効果の違い」にもつながっているのでは…。

そんなこともあるので、「婦宝当帰膠」のエビデンスがそのまま他メーカーのものに当てはまるか…と言うと、それは微妙な気がします。

コメント一覧

ナノ2017年12月13日 10:39 PM / 返信

これ、更年期症状がきつかった時に飲んでいました。 今も更年期の渦中だとは思いますが、 この漢方でピークを乗り切った感はあります。 ひどいホットフラッシュでした。 婦人科のホルモン治療が合わなかったりしたので 小さい頃からの馴染みの漢方薬局を5年ぶりくらいで訪問。 これがいいよと勧められたのがコレでした。 ちょっとお高いなぁとも思いましたが、お湯で割って差し出されたコレが美味しかったことと ニューフェイスの店員さん(ここの息子の嫁)と意気投合してしまったこともあって 『フホウトウキ?ネーミングマズくない?(^◇^;)』 などとツッコミつつ飲み始めました。 婦人科に行かず何とかなったのはコレのおかげかなぁと思います。 今は飲んでいませんが、お店に行くと 「あれ飲んでくれたはったお客さんな、無事妊娠できはってん!」 などとおめでたい話題もチラホラ… 今は他に必要な薬があったりするので買えないけれど 余裕があれば続けたい美味しい漢方でした。(^ ^)

    岡村 祥平2017年12月15日 10:39 PM / 返信

    コメントありがとうございます。 「フホウトウキコウ」…確かにツッコミどころ満載なネーミングですね。(^o^) この度は「婦宝当帰膠」についての貴重な経験談、本当にありがとうございます。 また、馴染みの漢方薬局とのお話、羨ましく思います。 「婦宝当帰膠」は「もっと女性らしく、いつまでも女性らしく」…そんな漢方薬だと思います。 もし余裕がありましたら、是非続けていただきたいな…と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。