• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

毛細血管の消失…「ゴースト血管」

こんにちは。

ボクたちの体の中の血管を全てつなぐと約10万km…「地球🌍2周半」だそうです。

そんな血管の約99%が毛細血管であり、血管の端っこで動脈と静脈をつないでいて、全ての細胞に酸素や栄養素を届け、二酸化炭素や老廃物を受け取っています。

内臓を動かしたり、手足の指先を温めたり、皮膚のすみずみまで体を養う血がまんべんなく巡って行くよう休むことなく働き続けています。

毛細血管の太さというのは5~8㎛(1/1000mm)で、赤血球が1個通れるか通れないか…という細さ。これだけ細い上にに、動脈・静脈よりも薄い血管壁を持っています。そのため、とっても詰まりやすい血管です。

血管の老化…のポイントになるのが「毛細血管の消失」だとされ、毛細血管は20代から比べ、60代になると実に4割が消えてしまうと言われています。

実際は、体に張り巡らされた「毛細血管」が破壊され機能しなくなり、血液が流れなくなったことで、ゴーストのように消えて見えることから「ゴースト血管」とも呼ばれます。

血管がゴースト化すると、体の細胞に酸素と栄養が行き渡らなくなるので、細胞の破壊が起こり、これが「シミ」「シワ」「抜け毛」「心筋梗塞」「冷え症」「むくみ」「ガン」「白内障」「肩こり」の原因になると言われています。「シミ」や「シワ」は紫外線などの影響もあるとは思いますが、毛細血管の消失から来る…というのは驚きです。

もちろん老化による毛細血管の消失や縮小は皮膚だけでなく、脳や臓器でも起こっているのだそうです。特に脳には体全体の1/5の血液が集まっている場所、当然毛細血管も多く存在しているので、脳の毛細毛管がゴースト化してしまうと、脳細胞も破壊されやすくなり、認知症のリスクが増大してしまうと言われています。

毛細血管は非常に細く、もろいため色々な要因でゴースト化しやすい血管ですが、「運動不足」「肥満」「過食」が問題とされています。食事改善、運動…というのがポイントのようです。そして「血流」を良くすることが予防につながります。

適度な運動、バランスのいい食事などの日々の養生が大切ですが、中成薬・自然薬は健康で長生きをサポートできるものだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。