• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

中医皮膚病IP通信講座 2018年スクリーニング&グループミーティング

こんにちは。

この連休で「中医皮膚病IP通信講座 2018年スクリーニング&グループミーティング」に参加してきました。

東京・日本橋にある「ハロー会議室茅場町駅前」で行われたスクーリングは、全国から「中医皮膚病IP通信講座」を受講されている多くの先生が参加されていました。

講義内容は、石川・いずみ薬局の泉先生による「皮膚病における中医学治療のコツ」、宮城・自然流薬局の渡邊先生による「脱ステロイドの症例」、中医学講師の楊達先生による「ステロイド剤の性格と中医治療の注意点」、中医学講師の楊暁波先生の「バルトリン腺炎の中医治療」という盛沢山の内容でした。

翌日は会場を移して行われたグループミーティングは、中医学講師の韓小霞先生の「皮膚疾患における中成薬の応用」、中医学講師の劉桂平先生の「劉復興先生の症例から読み解く皮膚病治療の経験紹介」、中医学講師の楊達先生の「ディスカッション&皮膚画像の弁証論治」。

2日間で合わせて11時間くらい、みっちりあった「中医皮膚病IP通信講座 2018年スクリーニング&グループミーティング」。完全にボクの頭の中の許容範囲を超えていて、最後の方は頭がクラクラ💫してました…。

この2日間、東京は暖かく天気が良かったのですが「山口は雪が降っている…」ということで、「欠航」ではないですが、「飛行機が離陸🛫しても山口宇部空港に着陸できない場合は引き返す…」とアナウンスがありました。

結局は上空で天気の回復を待ち、何度か着陸🛬を試みた末に無事帰って来ることができ、ホッ😌としました。

最後はハラハラ・ドキドキの展開でしたが、充実した2日間であったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。