• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

ステロイド外用剤を無理なく減らしていくために…

こんにちは。

140627_1

アトピー性皮膚炎の治療で使用されるステロイド外用剤。痒みや炎症を抑えるために、ステロイド外用剤ほど効果のある薬は、残念ながらありません。

そのため、ステロイド外用剤を長期で使用されるケースは多いです。

その場合、急にステロイド外用剤をやめると、悪化してしまうことがよくあります。それまでステロイド外用剤で抑えていたものが一度にあらわれ、全身が真っ赤になり、浸出液があふれ、痒みで夜も眠れず、職場や学校に行かれなくなります。浸出液がダラダラと出ている状態であれば、感染症に罹るのリスクも高まります。

そう考えるならば、生活や人生を犠牲にしてまでステロイド外用剤を急いでやめる必要ないと思いますし、焦らず段階を踏んで「脱ステロイド」を行っていくのが負担が少ないと思います。

アトピー性皮膚炎に悩む方に再確認していただきたいのは「ステロイド外用剤をやめたら治るわけではない」ということ。

また「塗らないと悪化するのでステロイド外用剤がやめられない」という方がいますが、それは治っていないからです。

ステロイド外用剤をやめようとするなら、まずはアトピー性皮膚炎を改善する必要があります。症状にあった中成薬(中国漢方)を飲みながら、生活習慣を正し、食事にも気を付ける必要があります。もちろん、入浴法やスキンケアもです。

スキンケアが重要というのは、アトピー性皮膚炎の方の肌は、一般的に乾燥肌が多く、刺激に敏感だからです。衣服にちょっとだけ触っただけで痒くなり、掻き始めて全身に広がることもよくあります。症状が出ていないところであったもスキンケアをして痒みをつくらないようにすることです。そのためには、いかに肌に潤すかが大切だと考えます。

そしてステロイド外用剤を使用する場合は、スキンケアの後、点々とポイント塗りをするのをおススメしています。

ステロイド外用剤と保湿剤の混合というのが日常的に行われています。目的としては、塗布の手間を減らすこと、希釈によるステロイド外用剤の副作用の軽減、患者さんの症状に合わせた処方のため…とい理由のようです。実際は、数十倍以上に希釈しない限り、たかだか2倍の希釈では効果・副作用の減弱にはならない…ということが、さまざまな実験で証明されています。

そのため、ボクはステロイド外用剤と保湿剤とは別々に使うことをお伝えしています。

皮膚病治療の三本柱は、「内服治療」「外用治療と弁証スキンケア」「養生」。中成薬(中国漢方)をのみ、スキンケアで人工的なバリアをつくり、生活習慣を正し、食事にも気を付ける。

そうやって症状が改善していけば、ステロイド外用剤を減らすタイミングです。1日2回を1日1回に、さらには1日おき、3日おきと様子をみながら減らしていくようにしていきます。そして、ステロイド外用剤がいらなくなるのは、アトピー性皮膚炎が改善されるときです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。