• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

「最強の野菜スープ」を読んで

こんにちは。

抗ガン剤の世界的権威で、ノーベル賞候補にも名前が挙がる研究者である熊本大学名誉教授・前田浩先生が書かれた「最強の野菜スープ」という本。

先生は「世界初」、ドラッグ・デリバリー・システム(DDS)という、正常細胞を傷つけず、ガン組織にだけ集中的に薬剤を送り込むシステムを使った薬をで開発に成功された方。

先生の本業は抗ガン剤の研究なのですが、ガン予防の研究も行われていて、その研究から「ガン予防の食事には野菜が一番」という結論を出されています。野菜の中に大量に含まれる「ファイトケミカル」にガン予防効果があることを突き止めたのだとか。

そして、その効果を最大限に引き出す摂取法が「野菜スープ」なのだとか…。

一般的に「生野菜は健康にいい」ということで、サラダで食べる人が多いと思いますが、実は「ファイトケミカル」はわずかしか吸収できないのだとか…。

というのも、「ファイトケミカル」の多くは細胞の中にあり、頑丈な細胞壁に包まれているので、野菜を噛んだり、包丁で細かく刻んだ程度では細胞壁は壊れないため、有効成分を吸収できないそうです。

そんな有効成分を効率よく摂るにはどうするか…。それは野菜を加熱してスープとして摂ることなのだそうです。野菜をゆでることで頑丈な細胞壁はあっけなく壊れ、抗酸化物質の「ファイトケミカル」がスープに溶け出すのだとか。

先生の実験から、野菜の活性酸素を消去する働きは、生野菜をすり潰したものより、野菜を煮出したゆで汁の方が10~100倍強いことが明らかになった…ということですが、その違いに正直驚きました。

先生がまとめられた「野菜スープ」の効用は、

・活性酸素を消去してガンを予防する
・活性酸素を消去してガンを抑える
・発ガン物質を解毒する
・免疫力を高める
・ガン治療の副作用を抑える

この本では、ガンや病気や老化の元凶を「活性酸素」として捉えています。もともとボクたちの体には活性酸素を消去する防御システムが備わっていますが、加齢とともにその力が衰えます。そこで野菜をしっかり摂ることが必要であるということです。

「野菜スープ」には1度に6種類ぐらいの野菜を使うそうですが、毎日美味しく続けることが大切だそうです。

この本を読んで、改めて「日々の食事は、薬以上にクスリなのだ」と感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。