• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

大人にはEPA、子どもにはDHA

こんにちは。

ご存知の通り、オメガ3脂肪酸には「コレステロールを下げる(悪玉コレステロールを下げる)」「中性脂肪を下げる」「動脈硬化、心筋梗塞の予防」「高血圧の予防、高脂血症の予防」などに効果があると期待されています。

オメガ3脂肪酸に分類される油に、青魚に多く含まれるEPA(エイコサペンタエン酸:Eicosapentaenoic acid)、DHA(ドコサヘキサエン酸:Docosahexaenoic acid)があります。

「生活習慣病予防のエース」であるEPA、DHAは、いずれも青背の魚に多く含まれる多価不飽和脂肪酸です。

むかし流行った「おさかな天国」の歌詞にも、

サカナ サカナ サカナ
サカナを食べると
アタマ アタマ アタマ
アタマが良くなる

とあるように、魚に含まれるEPA、DHAには脳の活性化、集中力・思考力の向上作用が注目されています。

EPAとDHA、一色単に扱われることがありますが、細かな違いが。

EPAは、血の塊(血栓)ができるのを予防する作用があり、血液の流れをスムーズにし、血圧を下げる働きがあります。

つまり、血栓症を防ぎ、血液をサラサラにしてくれるわけです。また、中性脂肪や悪玉コレステロールを減らして、善玉コレステロールを増やします。

このため高血圧、動脈硬化に役立つほか、胃腸や皮膚などの炎症を予防する働きがありますし、脂質代謝や血液凝固抑制などが認められ、閉塞性動脈硬化症や高脂血症治療薬にも使われています。

DHAは、脳や神経組織の発育を促し、脳や神経組織の発育をうながし、情報伝達をスムーズにし、記憶力の低下を抑えたり、視神経の働きを支えて目にもいいとされています。

「大人にはEPA、子どもにはDHA」と言われます。

DHA、EPAにクルミオイルを配合した「星火賢脳丹(せいかけんのうたん)」。健康長寿、受験や試験を控えた方の健康、賢脳サポートに良さそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。