• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

生薬の育毛成分と毛髪ケア・頭皮ケア

こんにちは。

中医師の楊 暁波(ようきょうは)先生による「中医美容コスメ~毛髪ケア~」。

「毛の構造」「毛の寿命と周期」「毛髪診断」などのお話がありましたが、ボクが面白いと思ったのは、生薬にどんな育毛成分があるのか…。

まとめてみると、

①血行促進
毛細血管を拡張することにより血流量を増大させ、毛乳頭への栄養補給を多くすることで、毛髪の成長を促す。ほとんどの育毛剤に含まれている成分。
当帰、唐辛子、丹参、川芎、山椒、黄耆、乾姜、紅花など

②男性ホルモンの活動抑制
毛母細胞の分裂を鈍くする男性ホルモンの活動を抑制するもの。
丁子など

③皮脂の抑制・除去
脱毛を促進する過剰に分泌された皮脂を除外したり、皮脂腺の活動を抑制する。
紫根、地楡など

④毛母細胞、毛根細胞などの活性化
毛母細胞や毛根細胞に直接働きかけて、その細胞分裂を活性化するもの。
人参、当帰、茵蔯蒿など

⑤殺菌
発毛に影響のある雑菌の繁殖を防ぐ。
苦参、小連翹、地楡など

⑥保湿
頭皮の乾燥を防ぎ柔軟にすることで発毛環境を整える。
当帰、人参、ティーツリー油、オリーブ、コメヌカ油、ホホバ油など

⑦その他(新陳代謝の活発化、フケの防止、頭皮の痒み防止、栄養補給、皮膚の強化など)
人参、当帰、苦参、黄柏、茵蔯蒿、山椒など

そして、瑞花露シリーズ、ソープとボディケア入浴液による「毛髪ケア・頭皮ケア」。ソープとボディケア入浴液には、これらの成分が入っています。

141028_3

瑞花露薬用ソープ
・人参(ニンジン)④⑥⑦
・当帰(トウキ)①④⑥⑦
・紫根(シコン)③
・苦参(クララ)⑤⑦
・地楡(ワレモコウ)③⑤
・小連翹(オトギリソウ)⑤

【祛邪】地楡、小連翹、紫根、苦参などの力で頭皮・毛髪・粘膜・毛穴の汚れや詰まりをスッキリ解消し、毛穴を引き締める。
【滋潤】潤いを失わないようにセラミド、ヒアルロン酸や人参、当帰を配合し、中医美容デトックスを。

141028_1

瑞花露ボディケア入浴液
・苦参(クララ)⑤⑦
・黄柏(オウバク)⑦
・山椒(サンショウ)①
・丁子(クローブ)②
・茵蔯蒿(カワラヨモギ)④
・ティーツリー油⑥
・オリーブ油⑥
・コメヌカ油⑥
・ホホバ油⑥

【潤】オリーブ油、コメヌカ油、ホホバ油なので皮膚の潤いを補い、キープする。
【巡】ティーツリー、山椒、丁子などで気と血の流れを巡らし、消臭効果やリラックス効果も。
【純】茵蔯蒿、苦参、黄柏などで、カビや雑菌から頭皮、粘膜、皮膚を守る。

毛髪ケア・頭皮ケア
1.瑞花露ソープでの洗髪
瑞花露ソープをネットなどでよく泡立てて、出来上がった泡を取り、髪の毛と頭皮にのせ、手の指の腹で頭皮を軽くマッサージしながら洗う。その後、ぬるま湯で洗い流す。

2.瑞花露ボディケア入浴液のリンス
瑞花露ボディケア入浴液のキャップ1/3の量を取り、30mlのぬるま湯に入れて混ぜる。その液体を頭皮や髪の毛につけ、乾いたタオルで3~5分ほど蒸し、その後洗い流さずに、ドライヤーで乾かす。

3.頭皮マッサージ
両手の5本の指を開いて、指先を額の前から後ろへ30回移動させる。1日2回がおススメ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。