• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

芳子先生の、赤ちゃんがほしい人のための漢方相談(2018年12月)

こんにちは。

毎月、ウチの母が「サンデー西京」さんに「芳子先生の、赤ちゃんがほしい人のための漢方相談」という記事を書かせていただいています。

160519_1

2018年12月の記事になります。


「子宮力」「卵巣力」「妊娠力」アップ
卵子を甦らせる妙法

Aさんは無事に出産を終えて、元気にスヤスヤ眠っている赤ちゃんを連れて出産報告に来て下さいました。その報告によりますと、短時間でするりと、安産で出産できたとの事。おっぱいもたっぷりと出て、産後のひだちも良く、疲れ知らずで子育て頑張っています。とうれしい報告を頂きました。

Aさんは元々体が細く、色白肌で、気血不足で、疲れやすいタイプ。食も細く体調が優れないことも多く、自分に自信が持てなかったそうですが、無事に自然妊娠出来ました。妊娠出来ても、無事に出産来るのか心配でたまりません。心配は赤ちゃんにとっても、迷惑なこと、胎教にも悪影響を及ぼしかねません。

そこで、心の安定をはかる漢方薬、気血不足を補うための漢方薬、肺気を高め、グン—と気張って、するりと安産に繋がる漢方薬等、大きなお腹を抱えながら、出産までご自分で来店し、きちんと服用してくださいました。

そして、出産後1カ月もたたない中、元気ハツラツ、ニコニコとこんなにも元気なのが不思議なくらいと本人も驚いていました。

妊娠中の漢方薬でのフォローは安産、授乳、余裕を持っての育児となりますし、第2子、第3子へと繋がります。

まずは、お気軽にご相談下さい。


その他の記事もありますので、コチラもご覧ください。

それ以前、「ぷらざ山口」さんで2002年1月~2013年7月までに掲載された記事はコチラ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。