• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

芳子先生の、赤ちゃんがほしい人のための漢方相談(2019年7月)

こんにちは。

毎月、ウチの母が「サンデー西京」さんに「芳子先生の、赤ちゃんがほしい人のための漢方相談」という記事を書かせていただいています。

2019年7月の記事になります。


可愛い赤ちゃんをあなたに  素晴らしいお産にて40歳で第二子を出産されたAさんより嬉しい報告を頂きました

出産前日の早朝より陣痛が始まり、陣痛の間隔が短くなってきた為夕方産院で診てもらうと、子宮口が開き始めているとのことでした。一度帰宅し、ゆっくり夕食をすませ、お風呂に入り、再び産院に戻り静かにお産に伴う準備をしてその時を待っておられました。

 徐々に赤ちゃんも下に降りてきたのと同時に、子宮口全開(10㎝)、わずか5分で分娩。しかも出血もほとんどなく„稀に見る素晴らしいお産"と先生からもお褒めの言葉を頂くくらいの安産にて出産されました。

 子宮の戻りも普通の方の3倍の速さで、悪露の排泄もスムーズだったそうです。Aさんは先生から「35歳の初産時より、今回のお産の方が明らかに産後の状態が良く、日々の生活養生の積み重ねが、こんな素晴らしいお産に繋がったのでしょう。また、45歳までに、第三子も問題なくいける」と言われたそうです。

 おっぱいの出もよく、小さなお口を大きく広げて乳首にすいついている元気な赤ちゃんとのことです。

 Aさんは第二子妊娠に向けて血液の力を強める補血薬、充実した卵の成長を促す補精薬などを服用すると同時に、小さな子供もいることから、口に入れる食品への配慮が素晴らしく、甘いものは控えめに、無農薬栽培のもの、無添加の食品選び、ドレッシングなどもなるべく手作りにこだわり、食事に注意して体を整える事を大切になさったようです。

 自然な妊娠の後も、赤ちゃんにきれいな血液が十分に届くように自然薬を服用したり、出産前には心肺機能を高めてスムーズな出産になるような漢方薬を服用し、仕事に、子育てにと元気に動き回る中での出産とのことでした。

 ごく自然な生活習慣が母子ともに、充実した素晴らしい出産に繋がったのだと学ばさせて頂きました。

 ご出産おめでとうございます。


その他の記事もありますので、コチラもご覧ください。

それ以前、「ぷらざ山口」さんで2002年1月~2013年7月までに掲載された記事はコチラ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。