• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

遺伝子組み換え(GM)食品を「世界一」食べている日本人

こんにちは。

世界で一番遺伝子組み換え食品を口にしているのは、日本人だった。

俄かには信じられませんが、事実だそうです。

「遺伝子組み換え(GM)かどうか、ラベルを確認して買い物をしているから、私は大丈夫…」と思う人が大半だと思いますが、「GMではない」と言いながら、GM作物を原料にしている商品は、ボクたちの身の回りに溢れているのだとか。

日本で認証され、流通しているGM作物は、「ダイズ」「トウモロコシ」「ナタネ」「ジャガイモ」「綿実」「てん菜」「アルファルファ」「パパイヤ」の8品目。その中で主に流通しているのは
「ダイズ」「トウモロコシ」「ナタネ」「綿実」の4品目です。

この8品目と、これらの作物を主な原材料とする32種の加工食品(豆腐・納豆・味噌・きな粉・コーンスナック菓子・ポップコーンなど)にGM表記義務があります。

しかし、日本の現在の法律では、

・主な原材料(重量に占める割合が上位3番目以内)にしか表示義務がなく、含まれる量が5%未満であれば「非GM」と表示できる。

・組み換えDNA、及びそれにより生成したタンパク質が残らないものにも表示義務がなく、油やしょう油などはGM作物の使用は表示されない。

また、表示義務のないGM食品の一例として、

・肉、卵、牛乳、乳製品など遺伝子組み換えのエサを食べた家畜品

・サラダ油、植物油、マーガリン、ショートニング、マヨネーズなどの油類

・しょう油

・コーンシロップ、果糖、ブドウ糖などの糖類

・その他、コーンフレークや醸造酢、醸造アルコールなど

カップラーメンやお菓子、様々な調味料など日常食品にGM作物が潜んでいます。

欧州連合(EU)では全ての食品や飼料、更に添加物までを対象に、GMの表示基準は0.9%未満。日本の非GM商品が、EU諸国ではGM商品に一瞬にして早変わりする…と言われています。

カップラーメンや添加物を多く含む加工品には、GM作物由来の食物油脂、しょう油、タンパク加水分解物、加工デンプン、調味料、カラメル色素、乳化剤、酸化防止剤、ビタミンB2などが使用され、あらゆるものにGM作物は姿を変えて潜んでいます。

今、世界でGM作物は問題視されており、どうしても規制の緩い日本に集まっているのが現状。結果、ボクたち日本人は世界で一番多く、遺伝子組み換え作物を食べているのだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。