• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

耳鳴りの音色と原因

こんにちは。

外では音がしていないのに、耳の中で音を感じる聴覚障害を耳鳴り(耳鳴)と呼びます。

耳鳴りは健康な人でも良く感じますが、長く続いたり、めまいなどを伴う場合は問題です。

耳鳴りは難聴に伴って起こることも多く、一般に「キーン」「ピー」などの高音の耳鳴りは内耳や中枢性の病気による場合が多く、「シャー」「ザー」といった低音の耳鳴りは中耳の病気による場合が多いとされています。

◎耳鳴りの音色と原因

【中高年】野原の虫の声(ジージー)

【自律神経失調症】モーター音(ウォンウォン)

【中耳炎】セミの鳴き声(ミーンミーン)

【突発性難聴】波の音(ザァザァ)

【VDT症候群】風の音(ヒューヒュー)

【ストレス】金属音(キーン)

【脳梗塞】ジェット音(ゴー)

【脳卒中】洗濯機(グァングァン)

【生活習慣病】汽笛(ボーボー)

【過労】地下鉄(ガーン)

※表現は様々です

◎耳鳴りを起こす病気

外耳の病気…耳垢栓塞、外耳道炎、外耳道異物など

内耳の病気…耳管狭窄症、耳硬化症、鼓膜穿孔、急性慢性中耳炎など

内耳の病気…メニエール病、突発性難聴、騒音性難聴など

聴神経・中枢聴覚路の病気…聴神経腫瘍、脳出血など

その他…心因性、更年期障害、薬物など

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。