• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

病は気から

こんにちは。

病は気から。

自律神経の不調は、悩みやストレスから生じると言われています。何かとストレスや刺激の多い現代社会、自分の体の良いリズムを知って、心のストレスから開放してあげたいものです。

深い悩みや気になる心配事があると、カゼを引きやすくなったり、アレルギー体質の人は症状が悪化したりすることがあります。逆に、笑うと体の免疫力がアップする…ということも知られています。

笑うとナチュラルキラー細胞(NK細胞:リンパ球の一種で、ガン細胞やウイルス感染細胞の拒絶に重要)の活性化につながるからです。

いつも忙しく、なかなか休養がとれない人、ストレスや心配事が多く、心の悩みが尽きない人などは常に交感神経が優位に働いているため、血管は収縮し血行障害となり、体温も低くなりがちです。ガン細胞は低体温の消化器や子宮などで増殖すると言われているので要注意です。

特に粘膜が攻撃されやすく、鼻やのど、胃、消化器などでトラブルが起こりやすくなることもあります。忙しく疲れがたまると、口内炎ができやすくなることも…。こうした病気は毎日の生活習慣や心の持ちようで予防することもできますし、逆に悪化することもあるわけです。

自律神経が安定すると血液中のバランスが整い、免疫力も向上し、様々なトラブルから身を守ることが…。「疲れたな」「イライラしているな」と思ったら、まずは深呼吸して心を空っぽにし、体をゆっくりと休めるようにしましょう。

それでも難しい場合、中成薬(中国漢方)や自然薬の出番です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。