• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

オレンジロードを3人で…

こんにちは。

遠くフランスでは2019年7月6日~7月28日の23日間、「第106回ツール・ド・フランス」が行われていて、ちょうど28日は最終日。そんな日に、ボクたち自転車部は「周防大島」を走ってきました。

総合優勝者しか袖を通すことができない「マイヨ・ジョーヌ」。そんな「マイヨ・ジョーヌ」を着て走ることに…。あまり着る機会がなかったので、身の程知らずですが「雰囲気だけでも」と。今日「マイヨ・ジョーヌ」を着て走っているのは、ボクか「エガン・ベルナル」くらいではないでしょうか…。

昨年もこの期間に「周防大島」を走りましたが、そのときは7人、今年は3人。ただし、10月に開催される「サザンセト・ロングライド」にエントリーしている3人なので、その試走を兼ねているのでちょうど良かったかもしれません。

特に「サザンセト・ロングライド」の難所とされる「オレンジロード」。上りに入り、一気にきつくなります。なので、重点的に走っておく必要があり、他のメンバーには厳しいことが予想されます。昨年7人で走ったときは、避けていた場所です。

スタートは道の駅「サザンセトとうわ」。スタートして「オレンジロード」の起点まで13kmくらい、「サザンセト・ロングライド」のスタートからだと50km地点になります。スタートしてしばらくは海岸線を走ります。

「陸奥記念館」を過ぎてすぐに「オレンジロード」の起点があります。そこから山に上がっていくので日差しは幾分和らぎますが、汗が一気に噴き出します。苦しい時間帯に突入ですが、途中で見える景色は最高です。

今回「通行止め」の区間も。

迂回して、もう一度「オレンジロード」に入り直します。実は「オレンジロード」は2年前の試走のとき「熱中症」でダウンしたことのある因縁の場所。ドリンクボトルには「OS-1 」と「麦味参顆粒」を入れて万全の状態で。普通のスポーツドリンクとは違い、さすがに「OS-1 」は吸収がいいみたい。そのためか一緒に溶いた「麦味参顆粒」の効果もいい気がします。

何故か昔の「麦味参顆粒」がバッグの中に入っていました。懐かしいです。これしかなかったので、ドリンクの補充ではこの「麦味参顆粒」を。背に腹は代えられません…。

ドリンクを補充している間にみんなと合流。この先に海岸の方に下りる道があるのですが、本来は手前の道を下りるべきところを、行き過ぎてしまっていたようです。

海岸の方に下り、中華そば「たちばなや」さんでお昼の休憩。前回は13時の時点でスープが切れて閉店したので食べられるか心配でしたが、今回は大丈夫でした。

中華そば(600円)といなりずし(95円)。道も狭いし、一見すると見落としそうな外見ですが、お客さんが次から次へと来られてました。「たちばなや」さんは、県外から食べに来られる有名店です。

そこから少し走ると「橘ウィンドパーク」が。ここで次のルートを考えるのですが、今回の目的がコースとなる「オレンジロード」を走るというもの。「オレンジロード」自体は島全体に走っているのですが、「サザンセト・ロングライドで走る区間を走破したので十分!」という結論に至り、ここからゴールの道の駅「サザンセトとうわ」を目指すことに…。最短ルートで帰ります。

山を越えると島の反対側に…。あっという間に行けてしまいます。道の駅「サザンセトとうわ」では、自転車に乗る人にありがたい特典が…。サイクルウェアで来店すると、割引があるのです。ソフトクリーム100円引き。

知らずに買った「みかんスムージー」。前に、島を1周、100km走ってヘロヘロになってたとき、喉も心も潤してくれた「みかんスムージー」。今日は300円が200円に。得した気分、「マイヨ・ジョーヌ」を着た甲斐がありました。

今回、3人だから島を1周したかったですが、「オレンジロード」を走ったので良しとなりました。島を1周していたらヘロヘロになっていたとは思いますが、「マイヨ・ジョーヌ」と「OS-1+麦味参顆粒」がボクにちから💪を与えてくれ、楽しく走ることができました。🚴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。