• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

寒い日はお風呂で温まろう🛀

こんにちは。

いよいよ11月です。そして、今年もあと2ヶ月と迫ってきています。

このところ、めっきり寒くなりましたので、ここにきてセーターを着るようになりました。防寒はしっかりしたいものです。

特に「3首(首、手首、足首)」は冷やさず守りましょう。足首は脂肪が少なく、血流も届きにくい場所なので、どうしても冷えやすいからです。

ストールを巻いたりして「首」 を、長袖をちゃんと着て「手首」 を、くるぶし隠して「足首」を…しっかりと。食養生やツボ、漢方薬よりも衣服で体を冷やさないが最優先です。

また、体を温める身近な方法はやはり「お風呂」でしょう。

そして、「お風呂」は日本人の生活に合ったストレス解消法。心地よい刺激を皮膚で受けることで脳の機能を調整、疲労回復やストレスの発散を促しリラックスに。ぬるめのお湯にゆっくり浸かることで、体も温まり、気血の巡りが良くなって、ストレスのコントロールタワーである「肝」を調節できます。

気に入った入浴剤を入れると、更にそれがUPすると思います。

ウチの入浴剤の定番は「アビアントK」です。

四季を通じて「アビアントK」

1:酵素の働きで、お肌の汚れをやさしく分解

「タンパク分解酵素」が、入浴効果を高めて、皮膚表面やニキビ・あせもの原因となる毛穴の汚れをとり清潔なお肌にします。夏のお肌は体から排出されるタンパク質汚れが最も増える季節なので、夏もおススメです。

「アビアントK」を入れてから、シャツのエリ汚れが気にならなくなった…など、嬉しい声も。また、浴槽に汚れが付きにくくなるので、お掃除もラクです。

2:お肌に潤いを与える

キュウリ🥒、セイヨウニワトコ、アルニカ、ゼニアオイ、イラクサ、セイヨウキズタの6つのハーブエキス🌿がお肌に潤いを与え、滑らかに保ちます。

乾燥の時期、カサカサ痒くなったり、湿疹が出たりする方。「アビアントK」を入れたお風呂に入っていると、そんな辛い症状が出なくなった…と嬉しい声も。

3:優れた保温効果

「アビアントK」には生薬(チンピ🍊、ユズ、レモン🍋末)が入っているので、入浴効果を高め、血行を促進し、体の芯から温め疲労を回復。炭酸ナトリウムも入っているので、入浴後の保温効果が高まり、ポカポカと温かさが持続します。香りでリラックス効果も…。

これから本番に向けて

服装もしっかりと保温できるよう工夫し、外出時にはマフラーやマスクでカゼ予防を…。もちろん暖房も効果的ですが、汗をかいてカゼを引くこともあるので、適度な温度設定を。定期的な換気も必要です。

「寒さ」に負けない体作りをしていきましょう…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。