• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

皮膚病の日常生活でのポイント

こんにちは。

自分の肌を観察し、すぐに対応することが皮膚病の治療にとってとても大事なこと。潤いがあるか、ツヤがあるか、なめらかさはどうか、張はあるか、弾力、血色はどうか…など。「治療50%、患者50%」と言われるように、治療の段取りを経て、症状が良くなっても、最終的に自分の皮膚を管理できるのは本人だからです。

中医学からみた皮膚病の日常生活でのポイントを紹介します。

痒み対策(皮膚を壊さないで!)

爪をたてて掻くと、皮膚を損傷してしまいます。出来るだけ掻かないようにしましょう。

  1. 爪は短く切っておきましょう。
  2. 指の腹で優しくさすり、叩くように。ただし、目の周りを叩くことは避けましょう。
  3. 痒みは冷やすなどすると和らぎます。
  4. 就寝中は手袋をして掻き壊しを防ぎましょう。
  5. 部屋の温度・湿度に気を付けましょう。

衣(素材とお手入れが大切)

お肌に直接触れるものだからもう一度チェックしてみましょう。

  1. 肌着やシャツなどの素材はお肌に優しい自然素材を。
  2. 洗濯の際には酵素入りの洗剤は使用しない。
  3. 洗剤の量を減らし、洗剤の残留を防ぎましょう。
  4. 体を冷やさないように薄着は避けましょう。

食(胃腸にやさしい食生活を)

お肌の状態と食生活は密接な関わりがあります。

  1. 穀類など、和食を中心に「腹八分目」。
  2. 肉・魚は充分に加熱処理し、よく咀嚼しましょう。
  3. 葉菜を中心に旬の野菜や海草類を、火を通してたっぷり摂りましょう。
  4. バランスの良い食事を心がけましょう。
  5. 便通に気を付けましょう。

次の食品の摂り過ぎには気を付けて…。
・甘いもの:チョコレート、ケーキなど
・油ものや肉類:とんかつ、天ぷらなど
・香辛料の多いもの:キムチ、カレーライスなど
・加工食品:スナック菓子、ファストフード、インスタント食品など
・生もの:サラダ、刺身など
・冷たいもの:アイスクリーム、ジュース、ビールなど

住(環境を整えてお肌快適)

環境ストレスがお肌のダメージになることも。

  1. 部屋・浴室はこまめに掃除、換気をし、ダニやホコリ、カビの発生を防ぎましょう。
  2. 季節に応じ、室温と湿度管理をしましょう。
  3. 過剰な紫外線は避けましょう。
  4. 趣味の時間を作るなど、ストレスは避けましょう。
  5. 感染症の予防に気を配りましょう。

スキンケア(元気なお肌を育てましょう)

保湿のポイント

  • 保湿により乾燥肌が改善しバリア機能が高まると、痒みが緩和されます。
  • ドライスキンの方は全身のケアをおススメします。
  • ローションやクリームなどを使う時、はまず前腕内側などに塗ってみて、刺激感がないことを確かめましょう
  1. ぬるま湯(38~39℃)で優しくさすって洗い、タオルなどの摩擦は避けましょう。
  2. 短時間入浴(10~15分)を心がけましょう。
  3. 石鹸、シャンプーなどは無添加、低刺激のものを使用しましょう。
  4. 入浴後は保湿ローションや保湿クリームで水分と油分を補いましょう。
  5. 保湿は入浴直後、できれば5分以内に行いましょう。

季節のポイント

ボクたち人間は、大自然のリズムによってコントロールされバランスを保っています。季節ごとに体も微妙に変化し、季節によって出やすい病気が違ってくるため、季節の変わり目にそのリズムに適応できなければ、病気にもなりがちです。 それは皮膚にも言えることで、気温が高く湿度の多い日本の夏には、皮膚血管が拡がり、汗腺、脂肪の分泌も盛んになります。 秋になると乾燥が始まり、寒い冬には血管も収縮し、汗腺、脂肪の分泌は低下します。

🌸春🌸

植物が芽吹くこの季節は、細菌やウイルスも活発になる時期でもあるため、花粉症などのアレルギー性疾患やウイルス感染症、伝染性紅斑(リンゴ病)などがよくみられます。特にウイルス性の感染は心筋炎など恐ろしい病気を誘発することが知られています。そこで、春は感染を予防するのが大事になります。

🌞夏🌞

暑さと湿気、強い日差しなどによって、夏はあせも、とびひ、カビ、日光性皮膚炎などがよく見られます。皮膚病の大敵である「熱」と「湿」が揃うこの時期は、湿疹や成人型のアトピー性皮膚炎などの症状が悪化しがちです。日常生活の中では、生もの、冷たい物の摂り過ぎやクーラーのかけ過ぎなどには注意が必要です。

🍁秋🍁

秋風がたつ頃になると、皮膚も乾燥の時期を迎え、皮膚掻痒症、老人性乾皮症などの乾燥性の皮膚病が目立ってきます。この時期の皮膚病対策のポイントは、まず皮膚を乾燥させないこと…。薬を使う場合も皮膚に潤いと栄養を与えるものを使います。

⛄️冬⛄️

1年中で1番厳しいこの季節…。寒さの影響でしもやけ、レイノー病、寒冷蕁麻疹、寒冷性紅斑などが見られるほか、アトピー性皮膚炎、手湿疹、乾癬、老人性乾皮症、皮膚掻痒症などが悪化するケースも…。中医学ではこの季節、体を温める「温」と養う「補」という時期と考えています。また、皮膚を保護するスキンケアも大事です。このように、季節ごとに変化する皮膚ですから、皮膚病とその予防や治療法についても季節によって異なることは明らかです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。