• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

「七草粥」は、胃腸をいたわる理にかなったハーブ料理

こんにちは。

明けた、今日1月7日は五節句の1番目の節句である「人日(じんじつ)」。

この日は松飾りを下げる正月最後の日で、「七草粥」を食べて1年の豊作と無病息災を願う日。今と同じように七草を食べる風習は、鎌倉時代の「年中行事秘抄」に既に記されているのだそうです。

ボクも今朝いただきました。

「七草粥」の材料は、せり(芹)やなずな(薺)、ごぎょう(御形)、はこべら(繁縷)、ほとけのざ(仏の座)、すずな(菘)、すずしろ(蘿蔔)。これらは、ビタミン、ミネラル、酵素のジアスターゼを多く含み、消化促進、代謝促進によく、宴の後の体を整えるのには最適な料理と言えます。

  1. せり…目の充血やめまいを予防
  2. なずな…消化機能を整える
  3. ごぎょう…咳を止め、痰を切る
  4. はこべら…胃炎や胃弱に
  5. ほとけのざ…筋肉の痛みに
  6. すずな…胃腸を整え熱を下げる
  7. すずしろ…胃腸の働きを助ける

「七草粥」は、お節料理や新年会など、飲んだり食べたりすることの多い時期、疲れた胃腸をいたわり、不足しているビタミンを補うために、最適なメニューと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。