• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

これから夏対策を!

こんにちは。

夏は暑さで体力を消耗しやすく、夏バテや熱中症などの不調を起こしやすい季節です。日頃から体力がない、疲れやすい…といった不安がある人は、特に意識してしっかりと体調を整えることが大切です。

中医学では、夏の不調は「暑さ」と「湿気」の影響による「過剰な熱」「潤い不足」「湿の停滞」が原因と考えています。

暑さで余計な「熱」がこもると、イライラや発熱、不眠などの原因に。また、汗を沢山かくと「津液(水)」を消耗してしまうため、体の乾燥、「血」の濃縮による「心」の不調なども起こりやすくなります。

また、夏の体は梅雨時期から湿気にさらされ、体内に余分な水分や汚れのような「湿」が溜まりやすくなっています。そうなると胃腸の働きが落ちて、食欲不振や消化不良などの消化器のトラブルを起こしやすくなります。

こうした状態が長く続くと、根本的な体力や免疫力が落ち、秋になっても疲れを引きずる…といった不調に悩まされる心配も。これからの季節を元気に過ごすためにも、早めに「体の夏対策」を。

ポイントは「熱を冷ます」「潤いを養う」「湿を取り除く」「気を養う」こと。

熱を冷ます

厳しい暑さが続く夏は、体に過剰な「熱」がこもりやすくなります。こうした状態は五臓の「心」や「脳」に影響するため、イライラしやすい、怒りっぽいなど精神の不調を起こしやすく、体のほてりで不眠に悩まされる心配も。十分な睡眠が取れないと、疲労回復ができずに夏バテの原因に…。

こうした不調を防ぐため、日頃から余分な熱を冷ますよう心掛けることが大切です。特に不調を感じていないときも、夏野菜など涼性の食材を積極的に摂るように、冷房を上手に利用し、体内に熱をこもらせない工夫も。

気を養う

夏は厳しい暑さや汗のかき過ぎ、睡眠不足が続き、体力を消耗しやすい季節。暑さに負けず夏を乗り切るためには、しっかりと体力を保つことが大切です。

まず体のエネルギーとなる「気」を十分に補うことを心がけて。暑さと湿気で食欲が落ちやすい時期ですが、胃腸を元気に保ってしっかり栄養を摂りましょう。また、潤い食材を積極的に摂るなど、日頃から体内の潤いを養うことも大切です。

特に、夏バテしやすい、疲れやすい、体力に自信がない…といった不安のある人は、体の不調を感じる前に、積極的な体力づくりを。

潤いを養う

暑さの影響を受けて汗をたくさんかくと、「気」と「津液(水)」を消耗しやすくなります。発汗により、「気」が不足して、血液がドロドロになると、血流をコントロールする五臓の「心」に大きな負担がかかります。すると、動悸や息切れ、倦怠感といった不調が起こりやすくなってしまいます。また、「津液(水)」が不足した状態が長く続くと、体の潤い不足が進み、結果として皮膚の乾燥や便秘…といったトラブルにも。

基本は汗で消耗した潤いを補給すること。水分補給の際には、汗で失われた塩分をきちんと補給しましょう。また、栄養をしっかり摂って「気」を養うことも心掛けて。

湿を取り除く

ジメジメと蒸し暑い夏は、湿気や水分の取り過ぎなどで、「湿」が体内に溜まりやすくなります。すると、溜まった「湿」が胃腸の働きを低下させて、食欲不振や胃もたれ、下痢といった胃腸トラブルを招くことに。また、胃腸が弱いと栄養を十分に吸収することが出来ず、夏バテもしやすくなってしまいます。

養生のポイントは、胃腸に負担をかけないこと、胃腸の働きを整えることです。胃腸は「冷え」に弱いので、夏でも食事は温かいもの、飲み物はホットか常温を心がけましょう。水分補給は大切ですが、適量を心がけて飲み過ぎないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。