• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

胃腸の助っ人「勝湿顆粒」

こんにちは。

ボクたちの体の約60%は水。水はボクたち人間のみならず、動植物の生命活動には必要不可欠なものです。

そんな大切な水ですが、むやみに「たくさん飲めばいい…」ということではありません。水をあげないとすぐに枯れてしまう植物も、あげ過ぎるとすぐに根腐れを起こして枯れてしまうのと同様に、体の中を過不足なく巡っていることが大事です。

中医学では体にたまった病的な水、余分な水分や汚れを「湿」と呼びます。

ジメジメと蒸し暑い夏は、湿気や水分の取り過ぎなどで、「湿」が体内に溜まりやすくなります。すると、溜まった「湿」が胃腸の働きを低下させて、食欲不振や胃もたれ、下痢といった胃腸トラブルを招くことに。また、胃腸が弱いと栄養を十分に吸収することが出来ず、夏バテもしやすくなってしまいます。

身体が重い、頭重、むくむ、食欲不振、胃もたれ、膨満感、胃のむかつき、軟便、下痢、舌苔のベタつきがある…などの症状は「湿」が原因と考えられます。

こういうときは、余分な「湿」を取り除いて、水はけを良くすることがポイントで、この不快な「湿」のを取り除く漢方薬に「勝湿顆粒」があります。この時期に夏カゼ、暑さによる食欲不振・下痢・全身倦怠感で、胃腸のトラブルが起こりやすい方はおススメです。

また、旅先で水が変わったり、慣れない食事で急に胃腸の具合が悪くなったときなど「勝湿顆粒」が役立ちます。救急箱に入れておかれるのも良いです。

90包 8740円(税抜)ですが、小分けもできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。