• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

まだ完治ではありませんが…

こんにちは。

ウチのネコのあまちゃん。

怪我をしてからは家のリビングに設置したイスの上でほぼ1日を過ごしています。動物は調子が悪いとき、治療に専念するためにジッとしていると言いますが、あまちゃんもそのような状態です。

世間でいう4連休も、山口はずっと降ったり止んだりの雨だったので、ほぼずっと一緒。様子を見るけれど特に大丈夫なようです。

パックリ開いた傷口が塞がったと思っていたのですが、実際はまだ開いている状態でした。縫うくらいの大きな傷みたいだったので、いつもの「あまちゃんのおくすり」を飲ませても、急に全体が塞がるわけにはいきませんでした。

ただし、傷口は順調に修復されてきており、開いた傷も小さな穴になって小さくはなってきています。傷口が引っ付くというよりは、周りから徐々に修復されて穴が小さくなっていく感じです。

なかなか確認できる体勢にならないので、一瞬見えただけですが、順調な回復を見せています。

お皿に「あまちゃんのおくすり」を出します。病院の薬ではなく、「ル○ン」と「M○E」というものですが…。

その中に「ちゅーる」を絞り出します。基本的にネコは「ちゅーる」が大好きなようですが、ウチのあまちゃんも例外ではありません。

「あまちゃんのおくすり」は味に関しては影響ないと思うので、「ちゅーる」に混ぜてしまうと「ちゅーる」ごと食べてくれます。とにかく欲しくてたまらないのか、「あまちゃんのおくすり」を混ぜた「ちゅーる」をガン見。なので、あまちゃんにお薬を飲ませるのは簡単です。

エサの場所にセットすると一目散に駆け寄って、あっという間に完食。「あまちゃんのおくすり」が残ってないか確認しますが、いつも残さず食べてくれます。

そのやり方で毎日「あまちゃんのおくすり」をあげています。

傷口の穴の大きさを確認し、完全に塞がるまでは続けていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。