• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

まちなみアート

こんにちは。

11月20日(金)から10日間あった「まちなみアート-my made 竪小路」が終わりました。

「まちなみアート」とは、文化芸術の香る街=山口市にて活動を続ける若いアーティストが多くいるので、山口市の宝物=山口萩焼・大内塗・徳地和紙の作家や華道団体が山口市菜香亭や竪小路筋を中心に、それぞれの作品を展示するイベントだそうです。

20年以上続いた「アートふる山口」がなくなり、その代わりに今年開催されたのだろうと思います。ボクも休日に行ってみました。

特に集中していた場所は「山口市菜香亭」「C・S赤れんが」「山口ふるさと伝承センター」なのですが、散歩しながら見て回るにはちょうどいい距離です。

この時期は紅葉も楽しめます。龍福寺の参道に行きましたが、葉🍁はかなり散っていました。それでも多くの人が写真を撮っていました。

「十朋亭維新館」にも行きました。ウチの薬局から30mくらいの場所なのですが、そんなに行く機会がありません。「まちなみアート」の関係で催しもやっていたので、寄ってみました。「萬代家主屋」で展示が行われている…ということで案内されたのですが、そこの張り紙に目が止まりました。

「猫が入るため、玄関の戸を閉めておりますが、ご自由にお入りください🐈」

多分ウチのがお邪魔してはないと思いますが、絵がウチのネコのあまちゃんに似ているので、もしかしたら…。

「十朋亭維新館」では色々と説明を受けました。

  • 拠点を萩から山口に移そうとしていたが、山口は商人の街で武家屋敷がないため、「十朋亭」など商人の家や離れを借りて活動していた
  • 萬代家は商売の傍ら、尊王攘夷の志士たちのために武器などを調達していた
  • 「C・S赤れんが」の辺りで射撃の練習をしていた

これが「十朋亭維新館」で仕入れた新しい情報です。

また、「C・S赤れんが」では色鉛筆の画家・吉村 大星さんの作品や、美術家の臼杵 万理美さんの作品が展示されていました。吉村さんは知っていましたが、臼杵さんは知りません。でもボクの好きな作風で、何か見覚えのある気がしました。

後で思い出したのですが、「エール!やまぐち プレミアム共通商品券」に描かれている「あの絵」の作者でした。共通商品券にも「イラスト/臼杵 万理美」と入っています。

ちなみに、ウチの薬局では「エール!やまぐち プレミアム共通商品券」をご利用いただけます。共通券も専用券も大丈夫です。

なかなか住んでいる街をゆっくり散策する機会はないので、「まちなみアート-my made 竪小路」はいいキッカケでしたし、改めて竪小路に住んでいることに対する有難みを感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。