• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

辛いカゼの症状はウイルスに対する体の防御反応

こんにちは。

カゼの正式名称は「風邪症候群」。主にのど周辺(上気道)の急性炎症が多いですが、のどから下(下気道)の気管や肺へ炎症が拡がることもあります。

カゼの原因の80~90%は、数百種類にも及ぶカゼウイルスによるもの。

空気中に浮遊している、あるいは体に付いたウイルスが、のどや鼻などの粘膜に付着して体内に侵入。その後、ウイルスが増殖して炎症が起きると、頭痛や発熱、のどの痛みや鼻水、咳、疲労感…といった症状があらわれます。

しかしながら、ウイルスが侵入したからといって、必ずしも症状が出るとは限らないのは、ボクたちには免疫機能が働いているからです。

ただし、辛いカゼの症状はウイルスに対する体の防御反応でもあります。

免疫力の低下からウイルスや菌の感染を許してしまいますが、そこで体の反応としてカゼの症状(セキ・鼻水・発熱)が出てきます。

咳は「のどに繁殖しているウイルスや菌を外に出すため」ですし、鼻水は「外へウイルスや菌を洗い流したりするため」ですし、熱は「体内に入ったウイルスや菌の活動を弱くし、免疫細胞を活発にするため」の大切な反応です。

体にとっては早く治るための手助けをしているのですが、低下した免疫力を早く高めてあげることが出来れば、それだけで早く治ることができ、長引かせないことにもつながります。

これはコロナも一緒。「行動自粛」で3密(①換気の悪い密閉空間 ②多数が集まる密集場所③間近で会話や発声をする密接場所)を避ける、マスクやうがい手洗いなどの「清潔習慣」、そして「免疫力」がポイントです。

ただし、免疫の働きは「攻撃力」と「判断力」があると思っています。攻撃力が弱ると異物を排除できず、回復も遅れます。判断力が弱ると間違いを起こし、事故を攻撃してしまいます。免疫反応は弱くても強すぎても病態につながるわけです。

「免疫力」の「攻撃力」と「判断力」を低下させないためには、バランスの摂れた食事、十分な睡眠も大切なのは言うまでもありませんが、不足が甚だしい場合は、中成薬(中国漢方)や自然薬、LEM(シイタケ菌糸体)の出番です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。