• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

夏のスキンケアの基本は「洗う」と「保湿」

こんにちは。

暑くなってきました。

一般的には「汗」をかくということは、私たちにとっては大切な機能です。汗の機能としてまず思い浮かぶのが「体温調節」。汗を出し、皮膚の上で蒸発させることで体温を調節し、外気の熱から体を守っています。また、汗には「保湿」や「感染予防」などの機能があることも分かっています。汗と皮脂とが混じり合うことで皮脂膜が形成され、これが皮膚のバリア機能に重要な役割を果たしています。

一方で、夏に皮膚トラブルが多くなるのは「汗」が原因と言われます。その理由として、

  • 汗そのものが、傷つき荒れた皮膚を刺激する
  • 汗の成分に対しアレルギー反応を起こす
  • さまざまな空気中のアレルゲン(ハウスダスト、ダニ、カビなど)が汗に溶けて皮膚に付着し、吸収されアレルギー反応を生じる
  • 化粧品や外用剤などが汗と反応してアレルギーや刺激を生じる

そんな夏のスキンケアの基本は「洗う」と「保湿」です。

「洗う」ときに大切なのは優しく「洗う」ことです。皮膚バリアを構成する重要な層の厚さはわずか0.02mm。サランラップ2枚分の薄さだと言われています。強くこすらず、泡立てた泡で優しくなでるように「洗う」ことがポイントです。ボクたちの皮膚は、汗やホコリ、カビ、細菌、アレルゲンなどが皮脂に混じっています。お湯だけで洗うよりも、刺激の少ない石けんで洗ってあげるといいです。

そして「保湿」も大切です。入浴直後の皮膚は潤っていますが、その後水分は急速に失われていくため、タオルで拭き取ったらなるべく早いうちに「保湿」をすることが大切です。また、天気の変化に応じた、季節の変化に応じた、月経周期の変化、肌タイプ別、肌部位別に応じたケアも…。

「保湿」といっても、夏はこってりしたローションやクリームはベタベタして気持ちがいいものではないかもしれません。なので、最近は外用としてサッパリとしたリスブラン化粧水のシリーズをおススメしています。

・汗や皮脂のトラブルを防ぐ!…「女取水(めとりすい)」

「汗をかくとチクチク痒くなる方」「あせもで毎年お困りの方」「赤ちゃんのおむつカブレ」「ニキビ肌の方」などに…。お肌の回復を高めるPWS水をベースにあせもやおむつカブレなどの汗や尿のトラブル、ニキビや肌荒れを悪化させる過酸化脂質を抑える生薬エキスが入っています。汗をかく季節に1本あると助かりますよ。赤ちゃんからお年寄りまで、家族で使える全身化粧水です。

女取水 400ml 4290円(税込)

・PWS水の魅力を濃縮!…「ジネンミスト」

「お肌を変えたいとき」「何を使ってもしっくりこないとき」「お肌が乾燥したとき」「髪のパサつき」「日焼け止めの前に紫外線防止効果アップ」「静電気防止」「水道水の残留塩素の中和」などに…。お肌をとにかく元気にするお水です。回復セットのヒトの1つで、お肌の生理機能を高めます。痒み、カサカサ、日焼けのヒリヒリ、真っ赤な炎症にも…。スプレーすると水道の残留塩素も無害化する優れもの。赤ちゃんにも安心して使えます。寝ぐせ直しにも最適です。

ジネンミスト 80ml 2200円(税込)/ 500ml 5500円(税込)

・殺菌・消炎・環境の維持に…「静スプレー」

「水虫」「体のニオイ(脇、足など)」「湿疹、カブレ」「虫刺され」「手、指の消毒」「デリケート部分の痒み」などに…。トラブルのある方用の化粧水です。お肌に抵抗力をつけるPWS水をベースに安全性の高い殺菌剤が入っています。効果的に殺菌して、PWS水の力で維持するので、長期の使用にも…。

静スプレー 50ml 1650円(税込)/ 400ml 3300円(税込)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。