• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

炎症を抑え、鼻の通りを良くする「鼻淵丸(びえんがん)」

こんにちは。

140322_1

鼻の病気と言えば、春先のこの時期には「花粉症」でお悩みの人が多いですね。その他、カゼ・アレルギー性鼻炎・蓄膿症など、鼻でお悩みの方は多いです。

現代医学でもなかなか解明されていないのが、耳鼻科と言われる領域なんだそうです。

長い歴史を持つ中国漢方では、鼻汁の色、質、量から、鼻の症状の特徴を弁別するほか、体全体の状態を見て治療します。

水っぽくて透明な鼻水が出る場合は、体が冷えたり、寒さが原因でおこるタイプで、温めるタイプの鼻炎の漢方薬がよく効きます。「小青竜湯(しょうせいりゅうとう)」が有効なのはこのタイプです。

一方、粘っこく、黄色い鼻水、鼻づまりがひどい場合は、体に熱をもち、炎症がおこっているタイプで、蓄膿症はこのタイプです。蓄膿症は、細菌の感染によって起こる副鼻腔炎で、頭痛なども伴い、思考力も低下させます。

140322_2

このタイプは、炎症による熱を抑え、細菌の繁殖を防ぎ、溜まった膿を出す「鼻淵丸」がよく効きます。

「鼻淵丸」の処方構成は、大きく2つのグループに分かれています。1つは「菊花(きくか)」「金銀花(きんぎんか)」などの、炎症を抑え、抗ウイルス・抗菌作用をもつ生薬。もう1つは「辛夷(しんい)」「蒼耳子(そうじし)」などの、鼻腔の通りを良くする生薬です。

香りの強い揮発性のある生薬は、鼻や肺など上部に作用しやすい…と言われています。例えば、「花びら」や「つぼみ」など、香りのある生薬を煎じると、そのニオイだけで鼻のつまりが通ることがあります。

加えて、辛味のものに鼻のつまりを通じさせる作用があります。ワサビを食べるとツーンと独特の刺激があるのも、そのためです。

このように、「花びら」や「つぼみ」など体の上部に作用する生薬と「辛味」の生薬の入った「鼻淵丸」は、膿汁を排泄して、鼻のつまりを通し、鼻粘膜の炎症を改善させてくれます。

もともと慢性鼻炎の方で、鼻づまりがなかなか治らずご相談されたので、「鼻淵丸」をのんでもらいました。

なかなかすぐには期待したような効果が出ませんでしたが、頑張って1ヶ月続けて飲まれ、つらかった鼻づまりはなくなりました。その後は調子よく、症状も安定しているようです。

140322_3

慢性的な場合には「鼻淵丸」。即効性を出すにはシロップである「鼻淵膏(びえんこう)」がおススメです。

鼻の症状は、まず「寒」か「熱」かを見分けることが大切です。

コメント一覧

2017年11月24日 1:19 PM / 返信

はじめまして。33歳女性です。 1ヶ月半ほど前に急性副鼻腔炎となり、現在も完治せず困っております。 鼻づまり・鼻水は発症2週間ほどで治り、膿も消えましたが、鼻奥にかけての粘膜の痛み・炎症が続いています。 抗生剤の副作用も辛く、漢方を試してみたいのですがどれが良いのか判断に困っております。 こちらタイトルの「鼻淵丸」 炎症を抑え、抗ウイルス・抗菌作用にとても惹かれますが、典型的な鼻水といった膿の症状は皆無です。 このような場合でも第一選択として最適でしょうか。 花粉症時によく利用するホノビエンを服用してみましたが、あまり効果は実感しません。 胃腸や免疫力が弱っていて(冷え性です)且つ、粘膜の炎症等に効果的な漢方薬、 ご推奨のものがございましたら、ご教授願えますと幸いです。

    岡村 祥平2017年11月24日 7:02 PM / 返信

    コメントありがとうございます。 現在も鼻奥にかけての粘膜の痛み・炎症が続いているのはお辛いですね。 典型的な鼻水といった膿の症状がない場合でも、「鼻淵丸」がいいのではないかと思います。 粘膜の浮腫により副鼻腔では排出口がふさがり分泌物が閉じ込められて細菌が繁殖するわけですが、鼻内の通気を改善し、細菌の感染を抑え炎症をとる「鼻淵丸」は効果があると思いますので、量や回数を調整しながら服用されるのをおススメします。 加えて、そのような状態のときには、脂っこい、酸っぱくて渋い食べ物を控え、お酒やタバコは慎む必要があります。 ※花粉症時に服用されている「ホノビエン」ですが、調べてみると温める生薬ばかりが入っていました。つまり、対象となるのは「水っぽくて透明な鼻水がジャブジャブ出る人」であり、副鼻腔炎の人だと逆に悪化させてしまう場合があるので注意が必要です。

2017年11月25日 5:21 PM / 返信

早速のご回答ありがとうございます。 ブログも分かりやすく、大変参考になりました。 量など調整しながら鼻淵丸を試してみたいと思います。 ご丁寧なアドバイス、ありがとうございました。

めぐみ2018年5月11日 2:22 PM / 返信

こんにちは。はじめまして。 34歳女性です。 鼻淵丸を1ヶ月半飲んでいます。 もともと鼻炎だったのですが、軽い副鼻腔炎と数年前に言われ、ここ数年で悪化してきたので、膿を出す漢方と、鼻淵丸を処方され飲んでいました。膿はもう出なくなったので、鼻淵丸だけを飲んでいます。症状も落ち着いていますが、何ヵ月飲んだ方がいいものなのでしょうか。 治ってたと、思ってすぐやめるとまた悪化すると聞いたのでそうはなりたくないのですが、安いものでもないので、、。 よろしくお願いします。

    岡村 祥平2018年5月11日 5:15 PM / 返信

    コメントありがとうございます。 「何ヶ月服用したから大丈夫」というのはないと思いますが、症状がまだ残っている状態で中止すると悪化することはあると思います。 ただ、必ずしも「鼻淵丸」を定量を服用する必要はないので、症状が落ち着いているのであれば、減量して服用されるか、一度やめてみて必要に応じて服用されてもいいかもしれません。 あとは生活養生も大切で、脂っこいもの、お酒やタバコなどは控える方がいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。