• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

ステロイド剤と漢方薬の併用について

こんにちは。

140627_1

ステロイド剤がアトピー性皮膚炎治療の主流として使われるようになってから40年が経過が経っていますが、「ステロイド剤は使いたくない」という人がほとんどです。「いつか使わないでいられるように…」と思っている方も多いです。

それは、長期にわたって使用すればするほど問題も多い…ということが分かってきたからです。

アトピー性皮膚炎が悪化する大きな原因のひとつは、患部を掻き壊してしまうことです。痒みを抑えるために、ステロイド剤ほど効果のある薬は、残念ながらありません。

痒くて仕事も勉強も手につかない…生活に支障が出るほど症状が悪い場合は、ステロイド剤を使わざるを得ない…という風に考えます。

いくら漢方薬を一生懸命のんでいただいても、痒みがひどくて掻かずにいられない状態だと、なかなか良くはなりません。

また、長くステロイド剤を使ってきた人が、漢方薬だけで治そうと、急にやめてしまい、リバウンドを起こして悪化してしまうケースも少なくないです。

アレルギー反応は「免疫の過剰反応によって起こる」…ということから、「免疫反応を抑制して防ぐ」…という考えのもと作られたのがステロイド剤です。

もともとステロイドは、ボクたちの体で作られるものです。副腎皮質から分泌されるホルモンなので、「副腎皮質ホルモン」とも言います。生命維持に欠かせない重要なもので、体内の炎症を鎮めるはたらきがあります。

それを外から補っているのがステロイド剤。短期間の使用ならいいんですが、それをいつも外から補っていると、副腎はだんだんと怠けてきます。がんばって作らなくても、外から補充されるからです。そうなると、本来のはたらきをしなくなります。使わないものは退化していくんです。

そんな怠けることに慣れた副腎は、機能が低下をしているので、急にステロイド剤をやめてしまうと、体内の副腎皮質ホルモンが不足して、その反動から「リバウンド」が起こります。

外に出てくる体の中の「熱」を、外に出さないように押さえつけていた「重石」が外れ、一気に噴き出す…ようなイメージです。それだけ、外から補充するステロイドは強いものです。

リバウンドは主に、体中が真っ赤に腫れ上がり、全身からジュクジュクした汁が噴き出したり、発熱したり、夜も眠れない…ということが起こることがあります。特に、ステロイド剤の強さ、期間が長い…人は注意が必要ですが、弱いステロイド剤でも起こる場合もあります。また、ステロイド剤を保湿剤と混ぜているものもありますが、かえってステロイド剤の吸収を良くし、効き目が強くなる場合もあります。

ステロイド剤と漢方の両方を上手に使いながら、徐々にステロイド剤を少なくし、抜いていくようにすることが、負担が少ないかもしれません。

ただ、ステロイド剤を使っている皮膚状態は、見た目が軽微であったりと漢方薬を選ぶときの基準となりにくい…ということはあります。意外と体の中に強い炎症が潜んでいることが多いです。

漢方薬だけで…という固い意志をもつ人は、それでもいいと思いますが、痒いのを我慢するのはかなり大変。

まずは、ステロイド剤を減らしながらお肌をコントロールする…ということが第1目標になります。

コメント一覧

長友ちな未2016年11月12日 12:30 AM / 返信

私は56歳で夜のお店をしています。色々とストレスの溜まる事も多く、アトピーも段々酷くなって来ました。長年、少しづつ酷くなって今年はほぼ初めてと言っていいくらい4ヶ月ほど飲み薬と軟膏を併用しました。 3か月ほど前に飲み薬もなくなり、塗り薬だけで乗り切ってましたがそれもなくなりと思っていたら、身体中にご痒く赤い湿疹みたいなものが出来て、後は毎日痒く酷くなるばかりです。 顔も額から顎、目の周り赤くなり所々かわがめくれたりで。でも、病院に行って薬を貰うのは嫌で何とか漢方でと思い3日ほど前からかんぽを飲んでます。でも直ぐに良くなる訳もなく、せんせは絶対にくすりは使わないでと言われてましたが、仕事がら汚い顔で仕事出来るはずもなく、また見付けたリンデロンやロコイドなど塗って2日、恐ろしいですけど赤みがなくなり腫れも治まって来ました。 後2日程使って綺麗になったところで、タイツウコウなどに変えていこうと思います。これが正しい判断かどうかわかりません。でも、漢方の先生の言うように、ぜったにステロイドは使わないでと言われても、仕事がえります。うちにずっと居られるならそうしますが仕方ありません。この苦しい状態から早く抜け出したいです。誰にも本音なんて喋れない。長い文章読んで頂き、ありがとうございました。

    岡村 祥平2016年11月12日 1:45 PM / 返信

    コメントありがとうございます。 ステロイド剤を使用しないで…と言われても、そんなに簡単なことではないことはよく分かります。 確かに、赤み、痒みを抑えるため、ステロイド剤ほど効果のある薬は、残念ながらありません。 今回、塗り薬がなくなった時点での皮膚症状の悪化は、ステロイド剤の「リバウンド」だと思われます。 辛くて、苦しい「リバウンド」に耐えて…という考えもあるとは思いますが、お仕事柄、ステロイド剤が手放せないわけですから、漢方薬、スキンケアとの併用をしながら、ステロイド剤を減らしていく方法がいいと思います。ただし、これもそんなに簡単なことではなく、時間と根気のいることです。実際に「リバウンド」を乗り越えて皮膚病を克服されて方もいらっしゃいますが、完全にステロイド剤を使用しないでもいい状態になるまで半年以上掛かりました。これも、その方の状態、食事や睡眠、ストレスなどの生活環境も影響するため一概には言えません。 今回、お顔はリンデロン、ロコイドの使用で落ち着いたようですが、すぐにタイツ膏に切り替えるよりは、使用回数、使用頻度を減らしながら、もう少し様子を見た方がいいと思います。ただし、予防的には使用しないことです。 アトピーの方は体質的にドライスキンで皮膚が弱いです。特にこれからの時期は乾燥しやすい時期なので、乾燥を強く感じると思います。炎症のない部分は、お肌に優しいローション、クリームで保湿する必要があります。炎症のない場合、保湿だけでラクになる場合もあります。必要であれば、その上で最小限のステロイド剤の使用されてもいいと思います。ただ、ステロイドは短期集中として必要な時には使う、炎症が落ち付けばランクを1段階落としたり、思い切って何日か休んだり…として、ダラダラ使わないことが大切です。(リンデロンの方がロコイドよりも1ランク上です) 漢方薬を上手に併用されることで、苦しい状況を抜けだされることを願っています。

tomo2017年1月8日 4:08 PM / 返信

こんにちは。 46歳 自営業のものです。 20代の頃にステロイドのひどいリバウンドを経験し、以来ステロイドを使わずに過ごしてきました。 多忙な時や季節の変わり目に顔が赤くなり辛いことはありましたが、なんとか切り抜けて、それ以外の時は自分がアトピーだということを忘れてしまうくらいでした。 ところが11月から急にここ数年なかったような顔の赤みが出てしまい、我慢できなくなりステロイドを使ってしまいました。このステロイドは体に発疹が出た時に帯状疱疹かと心配になり皮膚科にかかった時のものです。 3日程塗って少し落ち着いた頃に漢方で治療してくれる内科がある事を知り、八味地黄丸科エキス、紫胡清肝湯エキス、越ぴかじゅうとうエキスを処方され約3週間です。あまりに赤みがひどいのでキンダベートと白色ワセリンを混ぜたものも処方してもらいました。 先生は赤みを出し切らないと治らない、ステロイド使うは出し切ることを休むことになると言います。でも人相手の仕事に差し障る程の赤みでステロイドをどう使ったらいいか迷っています。 以前経験したような全身のリバウンドは2度と経験したくありません。ステロイドをダラダラ使うというのはどのくらいの回数、どのくらいの期間をいうのでしょうか?2.3日使って、赤みが出るまで使わないというのはダラダラに入ってしまいますか? 長い投稿で申し訳ありません。

    岡村 祥平2017年1月9日 12:39 PM / 返信

    コメントありがとうございます。 先生によって色々な考え方をお持ちだと思います。確かにステロイド剤を使うと、改善に時間が掛かることはあると思います。ただ、お仕事柄差し障る…ということであれば、必要なのかもしれません。 赤みがひどい場合、2~3日塗って、赤みが出るまで使わないというのはダラダラに入らないと思います。メリハリをつけて使用されているのでいいと思います。 ただし、赤みがひどい場所だけ点で使用するべきです。また、キンダベートとワセリンを合わせた軟膏は、単純に薄まっているわけではありませんので、チューブに入った軟膏と同じように点で使用する必要があると思います。 そして、状態が改善したときにはスキンケアをおススメします。お肌に優しいローション、クリームで保湿する必要があります。出来れば、ステロイド剤を使用場合、全身のスキンケアの後、必要なところだけに…。 ステロイド剤の期間としては、個人差があるみたいですが、数ヶ月~数年ではないでしょうか。昨年の11月までの数年間、ステロイド剤を使用されていないのであれば、それは問題ないと思います。 あと処方に関してですが、八味地黄丸の中には附子(ぶし)と桂皮(けいひ)という補陽薬…つまり体を温める生薬が入っているので、炎症が強いときには悪化させることが考えられます。ただ、漢方の治療に関しては色々な考え方があるので、何とも言えませんが…。 一日でも早く、苦しい状況を抜けだされることを願っています。

tomo2017年1月9日 2:09 PM / 返信

丁寧な返信ありがとうございます。有難いです。 ステロイドは点で使用するんですね。使う時は思い切り使った方がいいと思い、顔全体に塗っていました。 肌に合う保湿剤は持っているので、まず保湿を心がけたいと思います。 もう一つ伺いたいのですが… 例えば、ステロイドを使わずにに治すまでに出る顔の赤みを100とした時、ステロイド併用だとその100を長くかかって出すのか、ステロイドを使ったがために150出さなけれいけなくなるのか。 もしくは漢方で体の中から良くすることで、ゆっくり50出せば治るようになるのか。 人の体のことですから、こんなふうに数字では表せないし、その人状態によると思うのですが、イメージとしてどう捉えたらいいんでしょうか?

    岡村 祥平2017年1月11日 2:58 PM / 返信

    ステロイドは、副腎皮質という内分泌器官から分泌されるホルモンと同じ化学構造をもった合成物のことで、「副腎皮質ホルモン」とも呼ばれます。 ステロイド剤を使用すれば、「副腎皮質ホルモン」を自分で作り出す必要がないので、作り出す機能が低下します。それが長期間になり、依存した状態で急にステロイド剤を中止すると、今まで抑え込んでいた炎症が一気に皮膚に出てくるわけです。これが「リバウンド」です。 ステロイド剤を利用するイメージとしては、「漢方で体の中から良くすることで、ゆっくり50出す」ということだと思います。徐々に減らしていきながら、低下した機能が回復するまで漢方薬やスキンケアで対応していく必要があると思います。

tomo2017年1月11日 11:49 PM / 返信

分かりやすい説明、ありがとうございました。 漢方を始めたものの、袋小路に入ってしまったような先の見えない不安感で、このまま続けていくのは無理かとも思いました。 でもステロイドも併用した時の、回復へのイメージも持てて、何とかやっていかれそうです。 今日はステロイドを塗らずに2日目で、頬にかゆみと赤みが出たのでみるみる広がると思っていたら、今は痒みが消え、赤みが局地的にあるだけです。 漢方が効いてきている証拠ならいいなーと思っています。 本当にありがとうございました。ステロイドも上手く使って頑張り過ぎずに頑張っていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。