• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

最近よく蚊に刺されます…

こんにちは。

最近は、家にいるときTシャツと半パンですが、それだとよく蚊に刺されます。

140825_4

ウチのネコのフクちゃんとあまちゃんと外に出ると、どこからともなく蚊が飛んで来て、足などにピタッと止まっています。

ウチの周りは自然が豊かというか、草がボーボー…ですし、ウチのネコはそういうところを好みます。そうすると、露出部分も多いのもあり、刺される確率も高ります。

部屋も窓を開けていると、ブーンという羽音が聞こえてくることが多くなりました。なので、蚊取り線香で対応しています。今年はラベンダーの香りを選んでみました。すごくいいニオイがして、アロマの要素があるのかと期待しましたが、残念ながら期待外れでした。それでも、だんだんニオイには慣れてきました。

煙の中にずっといると、自分からニオイがしないか心配です。でも、蚊取り線香はどこか風情があるのでいいです。日本の夏…という感じです。

ペットコーナーにもペット用の蚊取り線香がありますが、ネコやイヌにも安心なんだと思います。ウチのネコがどう思っているかは分かりませんが…。

それでも、最近よく蚊に刺されます。

刺されたときは虫刺され用のかゆみ止め使いますが、かゆみ止めには色んな成分が入っています。それによって効き目も様々です。

◎ステロイド(副腎皮質ホルモン)‥‥抗炎症作用や血管収縮作用、抗アレルギー作用で局所のの炎症を抑えます。虫刺されに入っているステロイドは weakのデキサメタゾン酢酸エステルやヒドロコルチゾン酢酸エステル、strongのプレドニゾロン酢酸エステルなどです。市販のものには、強さは5段階中の下から3段階までで、weak、midium、strongがあります。

◎抗ヒスタミン成分・鎮痒成分‥‥かゆみを抑える成分として、ジフェンヒドラミン、クロルフェニラミンがあります。鎮痒作用のあるクロタミトンは、皮膚に軽い熱感を与え、皮膚のかゆみを抑えます。

◎局所麻酔成分‥‥知覚神経に作用し、かゆみの伝達を遮断します。リドカイン、アミノ安息香酸エチル、ジブカインなど。

◎抗炎症作用‥‥炎症を抑えるグリチルリチン酸二カリウム、サリチル酸メチルなど。

◎殺菌成分‥‥殺菌作用と掻き壊しによる2次感染の予防をします。イソプロピルメチルフェノール、クロルヘキシジンなど。

◎清涼成分‥‥dl-カンフル、l-メントールなどで、清涼感を与え、その刺激でかゆみを抑えます。

強い赤み、かゆみを伴う場合は、「ムヒアルファEX」などのステロイドが入ったものがよく効きます。「ムヒアルファEX」はstrongのステロイドが入っているので、市販のかゆみ止めの中では最強です。

乳幼児には、生後1ヶ月ぐらいから使える「ムヒ・ベビー」が、刺激も少なく染みないのでいいと思います。また、患部を冷たいタオルなどで冷やしてあげると、より効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。