• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

四国旅行…1日目(行き)

こんにちは。

ウチの弟が帰省するタイミングで、ウチの薬局は遅めのお盆休みをいただきました。

土曜日をお休みさせていただき、2連休を使って四国旅行を計画。

目的は決まっていて、「グランドエクシブ鳴門」に宿泊すること…。ウチの弟のお陰で、そのお城のようなホテルに泊まる…というプランが実現しました。

140830_6

今回は、ボクの姪の「茉結ちゃん」も連れて行くという計画です。「茉結ちゃん」はまだ4ヶ月…。その点を十分に考慮して、車2台、1時間おきに休憩が取れるように計画しました。

山口を出発し、岡山から瀬戸大橋を渡り四国に入り、ご飯を食べた後ホテルにチェックイン…という流れです。ザックリとした計画です。

ボクは弟を乗せて、後続車を運転しました。

瀬戸大橋を渡り、香川県の高松市に着くと2時間の自由時間が与えられました。

せっかく香川県にいるんだから、本場の「讃岐うどん」を食べなければ…ということで、その時間を利用して食べに行くことにしました。車2台なので、ボクと弟だけで行くことにしました。

じゃあ、どこで食べようか…。持って来ていた「るるぶ」から選ぶことにしました。

今いるところから、意外と近くに「るみばあちゃん」で有名な「池上製麺所」があることが分りました。どうせ行くならそこにしよう…ということで、電話番号からナビをセットし向かいました。

140830_1

ボクのナビは、目的地付近になり「池上製麺所」を探しきれませんでした。すごく狭い道を指すものだから、迷いました。結局ダメかと思い、周りをウロウロしていると、「池上製麺所」を案内する黄色い看板を発見。矢印の指す方向へ少し走ったら、目指していた「池上製麺所」にたどり着きました。

ちょうどお昼時でしたが、意外とすんなり入れました。ボクは「ざるうどん」、弟は「冷しうどん」を注文しました。

「るみばあちゃん」がいるかな…と思って調理場を見渡しましたが、いませんでした。「るみばあちゃん」も80歳だから、お店に出られないのかな…とチョッと残念に思いました。

注文したうどんをテーブルに運んでいるときに、お店の出口付近でお土産を売って「るみばあちゃん」を発見。食べている人たちに気さくに声を掛けていました。弟と2人、急にテンションが上がりました。

「池上製麺所」の麺は、意外にモッチリしていました。そして、1本がかなり長かった…。ざるうどんはしょうがをタップリ入れて美味しかったし、冷やしうどんは冷たい汁につかったうどんで、めての味でしたが美味しかったです。冷やしうどん…クセになりそうです。

140830_2

140830_3

食べ終わってから、一緒に記念撮影をお願いしました。「記念撮影は、顔をくっつけないと…」とおばあちゃん。いい記念になりました。うどんの美味しい湯がき方も教えてくれました。うどんに対しては、とても熱かったです。

もちろん、おばあちゃんからお土産を買って帰りました。

途中、たくさんのうどん屋をスルーしてきました。「おばあちゃんのところで食べられなかったら、そのどこかで食べよう…」とも話していましたが、一番いいかたちで食べることが出来ました。

ただ、道中のうどん屋もかなり車が停まっていました。本場のうどん屋はどこでも美味しいんだと思います。多分、そこで食べている人は「香川県民」で、「池上製麺所」で食べている人はボクたちのような「観光客」なのかもしれません。ボクたちの隣で食べていた人たちは「名古屋」からでした。お店の周りでも記念撮影をしていましたし…。

行って帰って、ちょうど2時間でした。急に決めたことでしたが、収穫の多いものとなりました。

その後、待ち合わせて徳島県の鳴門市にある目的地の「グランドエクシブ鳴門」に移動。

140830_7

途中食事を、海沿いの人気店「びんび家」で食べました。お昼時を外していましたが、入り口はズラーっと行列が出来ていました。うどんを食べていましたが、美味しくいただきました。

140830_8

そこからすぐのところにある「グランドエクシブ鳴門」。 小高い山の上にあり、ヨーロッパのお城のような外観です。そこからの眺めは最高で、鳴門の海が一望できます。

140830_9

朝の5時に山口を出発して、15時に目的地である「グランドエクシブ鳴門」に無事到着しました。

その間、「茉結ちゃん」は移動中寝ていてお利口だったそうです。こんなに長い移動は初めてだと思います。よくがんばりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。