• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

スキンケアの重要性

こんにちは。

141030_1

皮膚病治療の3本柱である「内服治療」「外用治療と弁証スキンケア」「養生」。

皮膚は露出している器官であり、皮膚に発生する症状は目に見え、手で触れることができ、薬を直接つけることができます。そのため、外用とスキンケアは大変有効な治療手段です。

皮膚の機能異常の改善が目的ですが、たとえばアトピー性皮膚炎の場合、皮膚の問題として「水分保持能力の低下」「痒みの閾値の低下」「易感染性」があげられます。

水分保持能力の低下
皮膚がカサカサした「乾燥肌」、いわゆるドライスキンはアトピー性皮膚炎の重要な症状の一つです。角質の水分保持能力が低下すると、皮膚は乾燥状態となります。角質の水分維持には皮脂、角質細胞間脂質、天然保湿因子などが関与していると言われます。なかでも、角質細胞間脂質の「セラミド」が水分保持能に重要な役割を担っているようです。

痒みの閾値(いきち)の低下
アトピー性皮膚炎では、強い痒みが特徴の一つです。一般的には皮膚の炎症の強さと相関するので、炎症を抑えなければ痒みも抑制できません。アトピー性皮膚炎の皮膚では弱い刺激でも痒みが生じることがあります。特にドライスキンは痒みを起こす要因として知られています。

易感染性
アトピー性皮膚炎の皮膚は、感染症が起こりやすい状態です。アトピー性皮膚炎では、感染に対する免疫能の低下がみられると言われています。

これらの皮膚の問題を改善することが重要であり、スキンケアが大切…ということになります。スキンケアのポイントは皮膚の「清潔と保湿」。

掻くことは皮膚炎の最大の悪化原因です。発汗、ほこり、皮膚の汚れなどは痒みを誘発する原因となります。皮膚を清潔に保つことは大切なので、毎日の入浴・シャワーをおススメします。「汗や汚れは速やかに落とす(強くこすらない)」「石鹸やシャンプーは低刺激のものを…」。

また、入浴・シャワー後は十分な保湿も大切です。保湿として、具体的にはローションなどで水分を与えてあげて、クリームで水分を逃がさないように薄く膜を作ってあげる…。基本はスキンケアをしっかり行い、その上から必要なところに最小限ステロイドを使用する。

漢方薬を飲んでいると、悪化する期間が延びてきて最終的に止められる。以前効かなかった強さのステロイドが効くようになります。

その他としては、室内を清潔にし、適温・適湿を保つことと、爪を切ったり手袋や包帯などで皮膚を掻き壊さないようなことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。