• 中医学、ネコ、日常をつづるブログ

龍福寺(りゅうふくじ)の紅葉🍁

こんにちは。

141127_3

紅葉がキレイですね。ウチの近くでは「龍福寺(りゅうふくじ)」の参道がちょうどいい具合です。

龍福寺は、200年続いた大内氏の館跡に建つ、最後の当主である「大内義隆(おおうち・よしたか)」の菩提寺で、義隆の7回忌に「毛利隆元(もうり・たかもと)」が再興したお寺です。特にこの時期の紅葉は有名で、秋の名所として知られています。

31代大内義隆(1507~1551) 大内氏歴代当主最高の教養人と言われる義隆は、当時戦国武将として例のない従二位までのぼりつめました。サビエルにキリスト教の布教をわが国で初めて許可した人物です。「陶晴賢(すえ・はるたか)」の謀反により大寧寺(たいねいじ)で自害。

毛利隆元(1523~1563) 毛利元就(もうり・もとなり)の長男。15歳のころ人質として山口に送られ、大内義隆を烏帽子親(えぼしおや:元服儀式の際に加冠を行う者のこと)として築山屋形で元服。義隆の養女を妻とします。義隆の菩提寺として大内氏館跡に龍福寺を再興します。

141127_1

そんな龍福寺はウチのすぐ近くです。昔なら、ウチの家と薬局は一等地…ということです。竪小路は大内氏時代の遺跡や社寺、幕末維新の史跡が近くにある…という歴史の道です。

そんなところを、ウチのネコのあまちゃんと散歩。たまにフクちゃんとも散歩します。

この辺りは車の交通量はそう多くないし、夜になると静かになり安心です。よくイヌを散歩させている人を見かけますし、たまにネコにリードを付けて散歩しているおじさんも見かけます。ボクはリードなしです散歩していますが…。

また、このあたりはネコ好きのおばさんも多い場所。以前、朝フクちゃんとあまちゃんとこの辺りを散歩したときに、不思議そうにあいさつされました…。

141127_2  

今年の紅葉は例年よりもキレイです。そして、ちょうど今がピークだと思います。

あまちゃんも落ち葉の上を走り回るのが楽しいようです。ボクとあまちゃんのお気に入りの散歩コースです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。